音と紅茶の時間

音楽と恋の話、想い出話、今の心模様に、紅茶を添えて。

文芸部

Penstyle Kobe INK物語 【旧居留地セピア】~NAGASAWA

*****

高校時代、私が入っていた部活の一つに、文芸部がある。

私が入部したときは、たくさんの仲良し三年生に、
二人の二年生、そして一年生の私。

文芸部の活動は、ときどき集まって、
好きな小説や文学について語り合ったり、
自分たちの書いた作品を批評し合う、ことなんて
まったくなくて、ただそれぞれが書いたものを集めるだけ。

そして、集めた原稿で、年一回部誌を作成する。それだけ。

それだけだったけれど、私はたくさんの詩や、短い物語をたくさん書いた。

*****

三年生が卒業し、名前を貸してくれる幽霊部員をのぞき、
実質部員は三人になり、文芸部は文芸同好会になった。

同好会会長は柔らかく物静かで、彼の創り出す文章は
とても静かで暗く不気味で、私は彼のつづる小説が好きだった。

会員が一緒の空間で文を作ることはなく、
お互いの作品を読みあう機会もほとんどなく、
ただ、たまに顔を合わせて、原稿増えた?って確認しあうだけだったけれど
「書いている」仲間がいるだけで、一緒に本を作る仲間がいるだけで
私は、たくさんの文をつづることができた。

学校祭の前に、会長がワープロ打ちしてくれた原稿を印刷し、
三人で紙をひたすら折って、重ねて、ホチキス止めした。
そのときが、一番長く一緒に過ごして、一番話をした時間だったと思う。

教室の机の上に、できあがった分厚い文芸誌の山が
私にはとても嬉しかった。

*****

一つ上の先輩たちが卒業し、文芸同好会には、
三年生の私一人だけが残った。

幸い、私の他の部の友人たちが名前を貸してくれたおかげで
廃部はまぬがれたものの、その年は、
私はほとんど何も書かなかったように思う。

一人で原稿を書き、ワープロを打ち、製本し、
学校祭で配る気にはならなかったから。

私が卒業する間際に、めったに話すことが無かった顧問の先生が、
自分のクラスの生徒を部員に引き入れ、廃部の危機は去った。

一度つぶすと、また作るのは大変だから。
そう先生は笑った。

*****

卒業して何年かたって、たまたま職員室で先生に会い、
文芸同好会は、文芸部にまた昇格し、部誌の発行も再開したと聞いた。

私は、私の代で部がつぶれなくてよかったと、なんとなくほっとした。

*****

今また私は、一人で文芸同好会のようなことをやっているけれど、
「書いている」仲間がいると思うから、読んでくれる人がいるから、
書き続けることができるのだと思う。

♪ こちらもどうぞ ♪

生まれ変わるなら 生まれ変わったら、何になりたいだろう? 今、私は、現状とりたてて境遇に不満もなく、 変わりたい、変えたいと望むことも多くあるけれど 生まれ変わるまで気長に待つことなく、 今、この自分で、何とかしたいと思う。 生まれ変わっても、この生きて...
大切なものは人に譲ってはいけない... これは、もう亡くなって10年になる私の祖母、 つまりは、私の母の姑が、嫁に残した教訓。 私の母は、お人好しというか、人に悪く思われたくない人で、 欲しいと言われるものは、惜しいな、と思うものも、 親戚関係、友人に譲ってしまう人だった。 ...
色辞典という色鉛筆〜IROJITEN 私が色辞典に初めて出会ったのは、中学生の時。札幌の大通公園に近い「大丸藤井セントラル」という大型文房具店。 本のような箱に入っていて、キャッチフレーズが「きっと探していた色がある」。 ◆IROJITEN〜Tombow(トンボ鉛筆) た...
女子高生の生足 今朝、子供を保育園に自転車で送って行ったんですが、 長い直線道路に差しかかったとき、 少し遠く前方に、女子高校生が自転車に乗ってるのが見えたんです。 すらりと伸びた、健康そうな脚。 紺色のハイソックス。 スカート丈は、駅の階段を上るとき...
金木犀 きのう、下の子を保育園に迎えに行くと ふわっと、覚えのある甘い匂い。 空を見上げると、木の葉に見える、オレンジの小さい花。 ああ、キンモクセイ。 今年もそんな季節になったんですね。 また、一年、経ったんだなぁ。...

♪ Pick up items ♪ スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です