音と紅茶の時間

音楽と恋の話、想い出話、今の心模様に、紅茶を添えて。

サンタクロースからの最後の手紙

クリスマスツリーを飾りながら、8才のちびうさぎが聞きました。

「ママ、サンタさんって、ほんとはパパとママなの?」

ちびうさママが、少し困った顔でたずねます。

「どうしてそんな風に思うの?」

「ともだちがいってたもん」

「ママじゃないけど・・・ふーむ」

ちびうさママは、ちょっと考え込んで言いました。

「ひょっとしたら、もう、ちびうさのところには、
 サンタさんが来てくれないかもしれないわ。
 だって、サンタさんは、サンタさんを信じてる子の
 家にしか来ないんだもの」

ちびうさぎは、はっとした顔になりました。

「ボクのところには、もうサンタさんがきてくれないかもしれない」

ちびうさママは続けます。

「ちびうさは、もうずいぶん大きくなっちゃったものねぇ」

ちびうさぎは、なんだかとてもしょんぼりした気持ちになりました。

*****

クリスマスイブの夜。

パジャマを着たちびうさぎは、うさママと一緒にクリスマスツリーの下に、
パティスリー・ラビゴットのクッキーをお皿に載せて置きました。

一口食べるだけで飛び跳ねるほど元気になれる、ラビゴットのお菓子。
靴下のかたちのクッキーです。

「サンタさん、たべてげんきになってくれるかなぁ・・・。
 でもサンタさん、もうきてくれないかも」

歯を磨きながら、ちびうさぎは思います。

ちびうさママは言いました。

「サンタさん、来てくれるいいわね。おやすみなさい」

ベッドに入っても、ちびうさぎは、なんだかよく眠れません。

「サンタさんに、わるいことしちゃったかも・・・。
 ボクがうたがったりしたから、がっかりしてるかも」

だんだん遠くなる意識の中で、ちびうさぎは鈴の音を聞いた気がしました。

*****

朝、目覚めたちびうさぎは、ぴょんぴょん走ってツリーのところに行きました。

お皿の上からクッキーが無くなっていて、プレゼントが、
一つ、二つ、三つ!

パパと、ママと、サンタさんからだ!

サンタクロースのプレゼントには、キラキラ光るカードがついていました。

『 親愛なる ちびうさぎくんへ

  ちびうさぎくん、これが私が君に贈る最後のプレゼントだよ。

  もちろん私は、君がとてもいい子だと知っているよ。

  でも、世界中では、毎年たくさんの赤ちゃんが生まれ、

  私のプレゼントを待っているちびっこが大勢いて、大いそがしなんだ。

  君はとても大きくなったから、今度は君より小さいお友達に

  順番を譲ってあげてくれるかい?

  これからも、いつも君の元気と幸せを願っているよ。

                       サンタクロース より

  追伸 クッキーとてもおいしかったよ。ごちそうさま、ありがとう。 』

ちびうさぎは、ポロリと涙をこぼして、ごしごし目を手でこすりました。

サンタさんからの最後のプレゼントが何だったかは、ないしょ、ナイショ。

♪ こちらもどうぞ ♪

Patisserie Ravigote お菓子うさぎの妹うさぎのお菓子屋さん、 パティスリー・ラビゴットのお菓子は、 一口食べると元気になれる、幸せの味。 町のみんなは、パティスリー・ラビゴットのお菓子が大好き。 でもね。一年に一度、一週間、お菓子屋さんが オヤスミするときが...
恋うさぎ 薬うさぎは、お薬屋さん。 おとうさんうさぎと、おかあさんうさぎが、作ってくれた薬を お店で売って、暮らしています。 おとうさんうさぎと、おかあさんうさぎは 薬うさぎが小さいとき、薬草を取りに行ったっきり 帰ってきませんでした。 でも、...
お菓子うさぎ お菓子うさぎ兄妹のお菓子屋さん、 パティスリー・ラビゴットのお菓子は、 一口食べると元気になれる、幸せの味。 町のみんなは、パティスリー・ラビゴットのお菓子が大好き。 今日も、お菓子うさぎは、とびきりのお菓子を作ります。 妹うさぎは、お...
雪うさぎ 「・・・が・・・ったら・・・から・・・」 小高い丘のふもとにある小さな家のベッドの上で、 紅茶うさぎは、今朝も泣きながら目を覚ましました。 「何の夢を見ていていたんだろう?いつも見る夢」 真っ赤な目で、ふーっとため息をつきながら、 水...
船うさぎ 貝うさぎは、浜辺で貝殻やきれいな石をひろっては、 首飾りやイヤリング、指輪にブローチ、 素敵なアクセサリーを作ります。 できあがった品物は、街の広場の小さなワゴンで、 女の子たちに売るのです。 プレゼントに包んでっていう男の子もいます。 ...

♪ Pick up items ♪ スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です