音と紅茶の時間TOP恋うさぎ〜Patisserie Ravigote船うさぎ
2013年02月24日

船うさぎ

貝うさぎは、浜辺で貝殻やきれいな石をひろっては、
首飾りやイヤリング、指輪にブローチ、
素敵なアクセサリーを作ります。

できあがった品物は、街の広場の小さなワゴンで、
女の子たちに売るのです。
プレゼントに包んでっていう男の子もいます。

貝うさぎは、そのお金で街の市場の野菜や果物を買います。

そして、お菓子うさぎの妹うさぎの
とびきり元気の出るお菓子屋さん、
『パティスリー・ラビゴット』に立ち寄って、
大好きな満月のクッキーを一袋、買って帰るのです。

浜辺に戻った貝うさぎは、ちょこんと座って
海の遠くに見える珊瑚の島を眺めながら、
黄色い満月のクッキーを食べながら思います。

「珊瑚の島に行ってみたいな。
 珊瑚で作るブレスレットは、きっととても素敵。」

*****

ある日、貝うさぎが、浜辺でちょこんと座って
海を眺めていると、遠くから小さな船に乗って、
うさぎがやってくるのが見えました。

浜についたうさぎは言いました。

「こんにちは。ボクは船うさぎ。
 キミがつけている貝の首飾りはとても可愛いね。」

貝うさぎは嬉しくなって、ぴょんと跳ねました。

「ありがとう。これはワタシが作ったの。
 ワタシは貝うさぎ。海の話を聞かせてくれる?」

それから二人は、浜辺に並んでちょこんと座って、
満月のクッキーを二人で分けて食べました。

「おいしいね。」
「おいしいわ。」

二人で食べる『パティスリー・ラビゴット』のクッキーは
いつもとはぜんぜん違う、とびきりおいしい味がしました。

*****

それから二人は、毎日、浜辺でクッキーを分けて食べました。
そして、海を眺めながらおしゃべりするのです。

「あのね、ワタシ、珊瑚の島に行ってみたいの。
 ワタシにも、船うさぎみたいな船が作れるかしら?」

「キミには無理だよ、貝うさぎ。
 ボクが大きくて格好のいい船を作ってあげる。
 そしたら、船の上で、一緒に暮らそうよ。」

貝うさぎは、目をまんまるにしました。

「ホントにホント?一緒に乗れる船を作ってくれるの?
 それから・・・一緒に暮らせるの?」

「そうだよ、船の上で一緒に暮らそう、約束するよ。
 だから、ここで待っていて。」

船うさぎは、一人乗りの船に乗って、どこかに行ってしまいました。

*****

船うさぎがいなくなって、最初の10日間は
貝うさぎはウキウキしながら待っていました。

「いつごろ船はできるのかな?まだかな、まだかな?」

それから次の10日間は、海を眺めながら
浜辺で貝殻や石をひろったりして過ごしました。

「大きい船って言っていたもの。そんなにすぐはできないわね。」

それから次の10日間、海を眺めながら
アクセサリーをたくさん作って、街の広場に売りに行きました。

満月のクッキーを浜辺で一人で食べながら思います。

「ひとりで食べても、おいしくない。
 船なんかいらないし、珊瑚の島にも行けなくていい。
 船うさぎと一緒にクッキーが食べたいな。」

貝うさぎは、ぽろりぽろりと涙をこぼし、
それはたくさんの真珠になりました。

次の10日間、貝うさぎは真珠で首飾りを作りました。
首飾りは、とても高く売れました。

貝うさぎは、浜辺で海を眺めながら思います。

「船うさぎは、船を作ってくれているのかしら?
 ワタシのことなんて、すっかり忘れてしまって、
 他のウサギと、クッキーを食べているのかもしれない」

貝うさぎの胸は、ちくりちくりと痛みました。

「いつまで待てばいいのかな。
 船うさぎに会いたいな。船うさぎに会いたいな。」

貝うさぎはまた、ぽろりぽろりと真珠の涙をこぼします。

*****

3ヶ月経って、海の遠くの珊瑚の島を眺めながら
貝うさぎは考えました。

「ワタシに船が作れないかな。
 大きい船は難しくても、一人乗りの小さな船なら、
 ワタシでも作れるかもしれない。」

「船に乗って、海に出たら、珊瑚の島に行ったら、
 ひょっとして、ひょっとしたら、
 船うさぎに会えるかもしれない!」

貝うさぎは、少しワクワクしてきました。

*****

貝うさぎは街の図書館で、船の作り方の本を探しました。

図書館で本うさぎが言いました。

「こんにちは、貝うさぎ。ずいぶん熱心だね。
 今日はアクセサリーの本じゃないのかい?」

貝うさぎが言いました。

「こんにちは、本うさぎ。今日は船の作り方の本を探しているの。
 ワタシにも作れそうな、小さくて簡単なのはないかしら?」

「それなら、ちょうどいいのがある。
 ボクも船を作りたいって思っていたとこさ。」

と、本うさぎは手に持っていた本を渡してくれました。

貝うさぎはびっくりしました。

「ありがとう!本うさぎも船を作るの?」

本うさぎはウインクして言いました。

「珊瑚の島に行って、珊瑚の研究をしたいんだ。」

貝うさぎは言いました。

「ワタシも、珊瑚の島に行って、珊瑚のアクセサリーを作りたいの。」

「それじゃあ、ちょうどいい。
 一緒に船を作って、一緒に島に行こうよ。」

*****

それから二人は、木材屋さんで材料を買って、
道具やさんで道具を買って、毎日毎日、船を作りました。

貝うさぎは一日中、丁寧に。本うさぎは、図書館の仕事の合間に。

船を作ることに疲れたら、二人は浜辺に並んで座って
満月のクッキーを一緒に分けて食べました。

「おいしいね。」
「おいしいわ。」

「船うさぎと食べる味とは違うけれど、
 一人で食べるよりは、ずっとおいしいな。」

と、貝うさぎは思います。

*****

それから3ヶ月経って、ようやく船が出来上がりました。

船にはきれいな色を塗って、貝殻と真珠で可愛い飾りも付けました。

貝うさぎと本うさぎは、船を二つ並べて、海に浮かべ、
オールをこいで、珊瑚の島に行きました。

貝うさぎと本うさぎは、珊瑚の島や、いつもの浜辺に行ったり来たり。
変わらず珊瑚や貝殻のアクセサリーも作り、図書館で本を読み。

貝うさぎは自分の船を見て思います。

「小さくて可愛いワタシの大切な船。
 この船があれば、ワタシはオールを漕いで、自分で好きなところに行ける。
 船うさぎと並んで、海に出ることもできるわ。」

「船うさぎに会いたいな。船うさぎに会いたいな。」

*****

そんなある日、船うさぎが豪華な客船に乗って浜辺にやってきました。

貝うさぎはとても嬉しくなって、ぴょんぴょんと駆け寄りました。

船うさぎは、貝うさぎの船を見て言いました。

「なんだい、このみすぼらしい船。
 ボクの作った船は大きくて格好いいだろう?
 キミのために作ったこの船に乗って、一緒に暮らすんだ。」

貝うさぎは急に悲しくなって言いました。

「この船はアナタを待っている間にワタシが作ったの。
 小さくても気に入ってるの。
 自分でオールを漕いで、珊瑚の島にも行けるのよ。
 アナタと船を並べて海に出られるわ。」

船うさぎは怒って言いました。

「キミがオールを漕ぐ必要なんてないさ。
 キミは何もしなくていいんだ。
 珊瑚の島に先に行ったのか!一緒に行こうと約束したじゃないか。
 どうして待っていなかったんだい?」

貝うさぎは言いました。

「ずっとアナタを待っていたんだよ。一緒に海に行きたかった。
 いつまで待てばいいか分からなかったもの。
 ワタシのことなんて忘れてるんじゃないかと思ったの。」

貝うさぎは、ぽろりぽろりと真珠の涙をこぼしました。

船うさぎはちょっと困って言いました。

「ずっと待たせて悪かった。
 船ができたらキミが喜ぶと思ったんだけど。
 その小さな船を捨てて、この船に乗りなよ。
 キミは何もしなくていい。
 どこにだってボクが連れて行ってあげるよ。」

貝うさぎは、首を横に振って言いました。

「ワタシは、自分でどこにでもいける、
 ワタシの作った小さな船が気に入ってるの。
 アナタからはみすぼらしく見えるかもしれないけれど
 捨てることなんてとてもできないわ。」

*****

と、そこへ本うさぎが船を引いてやってきました。

船うさぎは、本うさぎと船を見て青ざめました。

「そういうことか。
 キミの乗らない船なら、何の意味もない。」

船うさぎは、貝うさぎの言葉も聞かず、大きな客船を叩き壊し、
一人乗りの船に乗って、一人でどこかへ行ってしまいました。

*****

哀しかったのは、誰?
淋しかったのは、誰?

どうしたら、誰も泣かずにすんだのでしょう?

posted by かこ at 05:41 | Comment(2) | 恋うさぎ〜Patisserie Ravigote
この記事へのコメント
。・゚・(ノД`)・゚・。
Posted by inali at 2013年02月26日 02:31
゚・。(。/□\。)。・゚
Posted by かこ at 2013年02月26日 20:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。