音と紅茶の時間TOP恋の歌10% 古内東子
2013年02月14日

10% 古内東子

恋をしている人は、心が揺れ動いて、素敵だから、
その人に恋をしても不思議じゃない。

何でも本音も話してくれて、一番近くにいるようで
その人にとって、自分は大切な存在なんだけれど
一番の存在には、けしてなれなくて、
その心を独り占めしたいと願えば
きっとその人は離れて行ってしまう。

会えばせつなくなるのに、会いたくなってしまう。

その人の心を占めているのは、笑顔にしているのは、
悲しませているのも、自分じゃないと知っていても。

大切な人だから、失いたくないから、
隠している恋心。

自分の方を見てほしい、なんて、とても言えない。
その人が恋する人は、他にいるのが分かっているから。

*****

他人ごとなら、奪っちゃいなよ、チャンスはあるよ!
見込み十分だよ。なんて言っちゃったりするんだけど。

失う怖さ。失ってもいいからぶつかってみたら?
って思うけど。やっぱり怖い。

恋愛対象外、から、はみだしてみればいいのにな。
なんて、余計なことを思ったりする。

失うことを怖れているだけじゃ、
本当に欲しいものは、手のひらからこぼれ落ちてしまう。

手に入らないなら、失ったって同じことだと思うんだ。

好きな人には、自分を一番に見てほしい、って
思うのは当然だよ。

でも、やっぱり踏み出せないよね。
今の関係を壊してしまうのが怖いもの。

意気地なし。

*****

他の誰かに恋する人に、恋をしているあなたに。
古内東子さんのこの曲を。


◆歌詞
10% - 古内東子

  〜これ以上 恋心が育たぬように〜



posted by かこ at 00:14 | Comment(0) | 恋の歌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。