音と紅茶の時間TOPコドモのキオクおふろでゆらゆらと
2013年02月11日

おふろでゆらゆらと



meirryのハンドメイドネックレス〜Frechdachs

*****

子供のころ、お風呂はガス釜で、
今みたいに、足を延ばせる湯船じゃなくて、狭くて深かった。

体育座りみたいにして入るんだけど
ときどき、ひざをかかえて、目をつぶって
そのままお湯に沈んでみたりした。

丸くなって、湯船のどこにも触れないようにして
水面にも出ないように、もぐってみる。

あたたかなお湯の中でふわふわと
髪の毛がゆらゆらゆれて。

おかあさんのお腹の中の胎児っていうのは
こんな気持ちなのかもしれない、なんて考えながら、
暗くて狭くてあたたかな空間にゆられながら浮いていた。

少し悲しかったり、つまらなかったり、
淋しかったり、ゆううつだったり、
行き場のない気持ちを抱えているときは、
一人で、こっそりお湯に沈みながら、泣いてみたりした。

あたたかな水の中でひざを抱えてゆられながら浮かんでいると
誰かに守られているみたいで、少し安心できるような気がしたんだ。

posted by かこ at 09:33 | Comment(0) | コドモのキオク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。