音と紅茶の時間

音楽と恋の話、想い出話、今の心模様に、紅茶を添えて。

過去の記憶2・友達が欲しい

過去の記憶1から。

*****

私は、転勤族の子供だった。
今ある人間関係は、そのうちリセットされる。
そう思って、同級生とは付き合っていた。

本を読んでいるだけではなく
友達とも遊びたい、そう、突然思ったのは
小学校3年生のとき。

でも、もうその時には、人間関係が出来上がっていた。

どうしたら、仲間に入れるのか、分からない。
鬼ごっこや、ドッジボールをしてみても
全然面白くない。

幸い、一緒に漫画を描いたり、本を読んだり、
たこ焼きを焼いたりできる友人が二人出来たが
その子達と、遊べない日は、家でひたすら本を読んでいた。

*****

小学校4年生のとき、歌うことが大好きだった私は
転校した先で合唱部に入り、面白い子達に出会った。

私のことを面白いと言ってくれる友達。

  かこは、むずかしいことばをつかうね

って笑いながら、指摘してくれた、友達。

いつも四人で一緒に、コーナーを分担して本を作ったり、
カセットテープにラジオ番組?を吹き込んで、
クラスで配ったりした。

放課後は、誰かの家に集まって
次の本の企画を考えたり、手芸をしたり。

おしゃべりしていると面白くて
涙を流しながら、息が苦しくなるくらい笑った。

まさしく箸が転げても笑う、そんな時間が
たくさんあった。

海に行って、波を追いかけて遊ぶこともあった。

*****

その仲間と一緒にいられたのは、たったの一年。

父がまた、転勤になったのだ。

私は、ああ、また、いつものように
引越しの時期が来たな、と思い、
仲間に、さらりと別れを告げた。

  こんど、ひっこしするんだって。

そしたら、友人たちは、激怒した。

  なんで、かこは、そんなにへいきそうなの!
  あたりまえにしてるの!

涙をぼろぼろ流しながら、ものすごく怒った。

私は、その時は、なんでそんなに
彼女たちが怒っているか分からず、
驚きながら、家に帰った。

母に、こんな風に話したら、
皆、すごく泣いて怒ったんだよって言ったら
いい友達が、できたねって言った。

私は、あのとき、仲間たちが本気で
腹を立ててくれたことを
今でも忘れていない。

そして、距離が離れても
切れずにつながっていく人間関係もあるのだと
そのときに学んだのだ。

過去の記憶3

♪ こちらもどうぞ ♪

子供は無邪気? 私は、非常に無邪気ではない 悩み多き子供だったので、 子供はいいわねー、無邪気で。 なんて言葉を聞くたびに、反発したくなったものだ。 女の子は、三歳にはすでに女。媚を売ることも知っている。 ***** ところが、高校時代、クラス...
過去の記憶4・思春期の闇 過去の記憶3より ***** 中学生時代。私はひたすら暗かったように思う。 人生に関して、一番真剣に悩んでいた時期。 疎外感。 そんな思いをいつも抱えていた。 合唱部の中でも、クラスの中でも居場所はあった。 一目置かれる存在...
過去の記憶6? 過去の記憶5より ***** 過去の記憶を掘り起こす作業が ずいぶん長引いてしまいました。 が、昨日、運動会後に、ダークな感情を がーっと放出したら、気が落ち着いたらしく、 なにやら、続きを書かなくても いいような気がしてきまし...
過去の記憶1・屁理屈をいう子供... かこの過去の思い出をたどるシリーズ。 ダークなので、気が重くなりたくない方は 購読をお控えくださいませ(笑)。 ***** 思い返せば、私は、小さい頃から 理屈っぽい子供だった。 本を読むのが大好きで、国語や理科が大好き。 ...
愛された記憶 チャーム天使の羽~ビーズ工房Moco ***** 私の父は、子供を8時までに寝かせることに とても厳しかった記憶があります。 なので、私と兄たちは、夕食を食べてお風呂に入り、 好きなテレビが始まるまでに、大急ぎでパジャマを着て、 歯...

♪ Pick up items ♪ スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です