音と紅茶の時間

音楽と恋の話、想い出話、今の心模様に、紅茶を添えて。

仙人になりたかった子供

私は、小学生の時、仙人のような人になりたいと思っていました。

世間の煩わしさから心を離し、惑わず、
ただ、地上で起きていることを雲の上から眺める。

人間関係に心わずらわされるのが、いやでした。

今になったら、そんな心の動かない人になってしまったら
つまらないな、なんて思うのですが、当時はかなり本気で願っていました。

日常のささいなことに、嬉しかったり、楽しかったり、
淋しかったり、哀しかったり、怒ったり、泣いたり、笑ったり。

何より感情が乱れるようじゃないと、恋なんてできないだろうし。

そんなのが、面倒だけど、けっこう幸せだったりします。
たぶんね。

♪ こちらもどうぞ ♪

過去の記憶4・思春期の闇 過去の記憶3より ***** 中学生時代。私はひたすら暗かったように思う。 人生に関して、一番真剣に悩んでいた時期。 疎外感。 そんな思いをいつも抱えていた。 合唱部の中でも、クラスの中でも居場所はあった。 一目置かれる存在...
過去の記憶5・将来への挫折 過去の記憶4より ***** 女子より、男子と話す方が、気楽。 そう思ったのも、この時期。 男同士、女同士なら、自分と違う価値観の相手を 自分の価値観に引き寄せようとしてしまうけれど もともと違う存在ならば、 そのまま認めること...
過去の記憶2・友達が欲しい 過去の記憶1から。 ***** 私は、転勤族の子供だった。 今ある人間関係は、そのうちリセットされる。 そう思って、同級生とは付き合っていた。 本を読んでいるだけではなく 友達とも遊びたい、そう、突然思ったのは 小学校3年生のとき...
過去の記憶3・親友? 過去の記憶2より。 ***** 転校すると、いつも思う。 最初にすぐ近寄ってきて、親切にしてくれた子と のちのちずっと仲良しでいられることは少ない。 私は、たぶん、そういう子と同じタイプではないのだ。 ***** 転校先...
子供は無邪気? 私は、非常に無邪気ではない 悩み多き子供だったので、 子供はいいわねー、無邪気で。 なんて言葉を聞くたびに、反発したくなったものだ。 女の子は、三歳にはすでに女。媚を売ることも知っている。 ***** ところが、高校時代、クラス...

♪ Pick up items ♪ スポンサーリンク

コメント

  • 仙人!!!!マジで?
    なりたかったよ私も!!仙人!!!若しくは山篭り!

    いやー、余りに覚えがある思考過ぎてツボったw

  • そっかー、やっぱ姉だねぇw
    ツボってくれたんなら書いてよかったよ~。

    俗世からの離脱ねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です