音と紅茶の時間

音楽と恋の話、想い出話、今の心模様に、紅茶を添えて。

過去の記憶3・親友?

過去の記憶2より。

*****

転校すると、いつも思う。
最初にすぐ近寄ってきて、親切にしてくれた子と
のちのちずっと仲良しでいられることは少ない。

私は、たぶん、そういう子と同じタイプではないのだ。

*****

転校先で、同じクラスで、同じ団地の隣の建物に
住んでいる、シホちゃんという友達ができた。

母親同士も仲が良く、放課後よく一緒に過ごした。

シホちゃんは、いわゆる女子らしい好みを持つ女の子だった。

部屋に並ぶ本は、明星、なかよし、りぼん。

シホちゃんは、光ゲンジの誰が一番人気か、
でもやっぱりカーくんが可愛い、とか、力説してくれた。

私は、光ゲンジの誰が誰かなんて
さっぱりどうでもよかったけれど
歌って踊ることが大好きだったので、
中森明菜・誕生物語を読みながら、
いつかおニャン子クラブの
オーディションを受けたいなどと
妄想にふけっていた。

私は、兄たちの買う週刊少年ジャンプを
いつも読んでいたが、
シホちゃんの好きな少女漫画雑誌りぼんも
面白かった。

目がキラキラ、まつ毛がバサバサしすぎている
細い線の絵のマンガは受け付けなかったが、
大好きな話もたくさんあった。

シホちゃんは、本にカバーをかけて
背表紙をきっちり揃えて本を並べる。

私たちは、好みも考え方もあまりに違っていたので、
共感することは少なかったけど、
あなたはこう考えるのね、
わたしはこう考えるよ、なんて話をして
全然違うよねって、よく笑った。

一緒に買い物に行っても、
わたしはこの茶色いバッグが好き、
あなたなら、この紺のポーチを選ぶよね、
なーんて話もよくした。

考え方は違っているけれど、
相手がどんな風に考えるのかは分かっていて
それはそれでいいって思えたから、
私たちは、友達としてやっていけたのだと思う。

*****

ある日、シホちゃんが、言った。

わたしたち、しんゆうだよね?

って。

親友って言葉に、憧れる年頃だった。
価値観も違う、共感することも少ない。
親友、なのかな?

疑問を持ちながら、

う、うん。

と、返事をした。

私たちは、同じ中学校に進学した。
そして、違うクラスになった。

私は合唱部に、シホちゃんは吹奏楽部に。

私は、一緒にいて、全然違うことを考えている
親友と、距離が置けることに
少し、ほっとした。

それでも、私たちは、
少し距離を置きながらも、ながらく付きあうことになる。

価値観が違っても、友達になって関係を作っていける。

そんなことを教えてくれた、貴重な友人。

過去の記憶4

♪ こちらもどうぞ ♪

愛された記憶 チャーム天使の羽~ビーズ工房Moco ***** 私の父は、子供を8時までに寝かせることに とても厳しかった記憶があります。 なので、私と兄たちは、夕食を食べてお風呂に入り、 好きなテレビが始まるまでに、大急ぎでパジャマを着て、 歯...
過去の記憶2・友達が欲しい 過去の記憶1から。 ***** 私は、転勤族の子供だった。 今ある人間関係は、そのうちリセットされる。 そう思って、同級生とは付き合っていた。 本を読んでいるだけではなく 友達とも遊びたい、そう、突然思ったのは 小学校3年生のとき...
過去の記憶5・将来への挫折 過去の記憶4より ***** 女子より、男子と話す方が、気楽。 そう思ったのも、この時期。 男同士、女同士なら、自分と違う価値観の相手を 自分の価値観に引き寄せようとしてしまうけれど もともと違う存在ならば、 そのまま認めること...
過去の記憶6? 過去の記憶5より ***** 過去の記憶を掘り起こす作業が ずいぶん長引いてしまいました。 が、昨日、運動会後に、ダークな感情を がーっと放出したら、気が落ち着いたらしく、 なにやら、続きを書かなくても いいような気がしてきまし...
過去の記憶4・思春期の闇 過去の記憶3より ***** 中学生時代。私はひたすら暗かったように思う。 人生に関して、一番真剣に悩んでいた時期。 疎外感。 そんな思いをいつも抱えていた。 合唱部の中でも、クラスの中でも居場所はあった。 一目置かれる存在...

♪ Pick up items ♪ スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です