音と紅茶の時間

音楽と恋の話、想い出話、今の心模様に、紅茶を添えて。

過去の記憶5・将来への挫折

過去の記憶4より

*****

女子より、男子と話す方が、気楽。
そう思ったのも、この時期。

男同士、女同士なら、自分と違う価値観の相手を
自分の価値観に引き寄せようとしてしまうけれど
もともと違う存在ならば、
そのまま認めることができる。

女の子は、泣くし、怒るし、ひがむし、指し図する。
気を遣わなくてはいけなくて、面倒。

男の子の前でなら、素の自分でいられる。

そんなことを感じていた。

*****

中学生の頃の私の趣味は、
絵を描くこと、手芸することと、お菓子作り。

趣味とは言っても、本気だった。

画材屋、文房具屋、手芸屋に行っては
うっとり道具や生地を眺める。

お小遣いを貯めては、画材を買って
ひたすら絵を描いたり、
自分でデザインした小物を布や毛糸で作りあげた。

お菓子作りも、無心で、ひたすら卵を泡立てたり
バターを泡立てたり。
焼菓子がオーブンで焼けていく匂いが大好きだった。

いつも上出来のケーキを楽しみに
食べてくれる家族がいて、私は幸せだった。

それでも、部活がなく、疲れが溜まっている休日は
食事も摂らず、何もせず、ひたすら夕方まで
寝ている日もあった。

ひたすら眠れば、無になれるような気がした。

*****

ある日、アベくんという男子と隣の席になった。
成績を私と常に争う男の子。

給食のときに、びっくりした。
ミカンの皮をきれいに四つ割りにしてむいて
白い筋もきれいに取って食べる。

食べ終わると、ひっくりかえす。
そうすると、まるで食べていないような
きれいなミカンの皮が、残るのだ。

字も、きれいだった。
雑巾の縫い目も、細かくまっすぐ。
そして、絵も私よりずっと、上手だった。

丁寧に、美しく世界を造るアベくんに
こいつには敵わない、と思った。

将来、画家や、手芸家になりたいなんて
考えた私が、甘く馬鹿だった、と。

負ける勝負は、始めからしない。

私は、将来、どんな仕事に就けば
自分を生かし、稼いでいけるのか、と
いつも考えていた。

過去の記憶6?

♪ こちらもどうぞ ♪

幼き日のサイクリングロード 小学校一年生の時、私は札幌市白石区の団地に住んでいた。 転勤族だったので、一年間だけ。 白石には、白石サイクリングロードというものがある。 現在は、北広島のエルフィンロードまでつながっているけれど、 当時は上野幌が終点だったような気がする...
仙人になりたかった子供 私は、小学生の時、仙人のような人になりたいと思っていました。 世間の煩わしさから心を離し、惑わず、 ただ、地上で起きていることを雲の上から眺める。 人間関係に心わずらわされるのが、いやでした。 今になったら、そんな心の動かない人になっ...
愛された記憶 チャーム天使の羽~ビーズ工房Moco ***** 私の父は、子供を8時までに寝かせることに とても厳しかった記憶があります。 なので、私と兄たちは、夕食を食べてお風呂に入り、 好きなテレビが始まるまでに、大急ぎでパジャマを着て、 歯...
過去の記憶2・友達が欲しい 過去の記憶1から。 ***** 私は、転勤族の子供だった。 今ある人間関係は、そのうちリセットされる。 そう思って、同級生とは付き合っていた。 本を読んでいるだけではなく 友達とも遊びたい、そう、突然思ったのは 小学校3年生のとき...
子供は無邪気? 私は、非常に無邪気ではない 悩み多き子供だったので、 子供はいいわねー、無邪気で。 なんて言葉を聞くたびに、反発したくなったものだ。 女の子は、三歳にはすでに女。媚を売ることも知っている。 ***** ところが、高校時代、クラス...

♪ Pick up items ♪ スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です