音と紅茶の時間

音楽と恋の話、想い出話、今の心模様に、紅茶を添えて。

過去の記憶5・将来への挫折

過去の記憶4より

*****

女子より、男子と話す方が、気楽。
そう思ったのも、この時期。

男同士、女同士なら、自分と違う価値観の相手を
自分の価値観に引き寄せようとしてしまうけれど
もともと違う存在ならば、
そのまま認めることができる。

女の子は、泣くし、怒るし、ひがむし、指し図する。
気を遣わなくてはいけなくて、面倒。

男の子の前でなら、素の自分でいられる。

そんなことを感じていた。

*****

中学生の頃の私の趣味は、
絵を描くこと、手芸することと、お菓子作り。

趣味とは言っても、本気だった。

画材屋、文房具屋、手芸屋に行っては
うっとり道具や生地を眺める。

お小遣いを貯めては、画材を買って
ひたすら絵を描いたり、
自分でデザインした小物を布や毛糸で作りあげた。

お菓子作りも、無心で、ひたすら卵を泡立てたり
バターを泡立てたり。
焼菓子がオーブンで焼けていく匂いが大好きだった。

いつも上出来のケーキを楽しみに
食べてくれる家族がいて、私は幸せだった。

それでも、部活がなく、疲れが溜まっている休日は
食事も摂らず、何もせず、ひたすら夕方まで
寝ている日もあった。

ひたすら眠れば、無になれるような気がした。

*****

ある日、アベくんという男子と隣の席になった。
成績を私と常に争う男の子。

給食のときに、びっくりした。
ミカンの皮をきれいに四つ割りにしてむいて
白い筋もきれいに取って食べる。

食べ終わると、ひっくりかえす。
そうすると、まるで食べていないような
きれいなミカンの皮が、残るのだ。

字も、きれいだった。
雑巾の縫い目も、細かくまっすぐ。
そして、絵も私よりずっと、上手だった。

丁寧に、美しく世界を造るアベくんに
こいつには敵わない、と思った。

将来、画家や、手芸家になりたいなんて
考えた私が、甘く馬鹿だった、と。

負ける勝負は、始めからしない。

私は、将来、どんな仕事に就けば
自分を生かし、稼いでいけるのか、と
いつも考えていた。

過去の記憶6?

♪ こちらもどうぞ ♪

過去の記憶1・屁理屈をいう子供... かこの過去の思い出をたどるシリーズ。 ダークなので、気が重くなりたくない方は 購読をお控えくださいませ(笑)。 ***** 思い返せば、私は、小さい頃から 理屈っぽい子供だった。 本を読むのが大好きで、国語や理科が大好き。 ...
過去の記憶3・親友? 過去の記憶2より。 ***** 転校すると、いつも思う。 最初にすぐ近寄ってきて、親切にしてくれた子と のちのちずっと仲良しでいられることは少ない。 私は、たぶん、そういう子と同じタイプではないのだ。 ***** 転校先...
過去の記憶6? 過去の記憶5より ***** 過去の記憶を掘り起こす作業が ずいぶん長引いてしまいました。 が、昨日、運動会後に、ダークな感情を がーっと放出したら、気が落ち着いたらしく、 なにやら、続きを書かなくても いいような気がしてきまし...
おふろでゆらゆらと meirryのハンドメイドネックレス~Frechdachs ***** 子供のころ、お風呂はガス釜で、 今みたいに、足を延ばせる湯船じゃなくて、狭くて深かった。 体育座りみたいにして入るんだけど ときどき、ひざをかかえて、目をつぶ...
過去の記憶2・友達が欲しい 過去の記憶1から。 ***** 私は、転勤族の子供だった。 今ある人間関係は、そのうちリセットされる。 そう思って、同級生とは付き合っていた。 本を読んでいるだけではなく 友達とも遊びたい、そう、突然思ったのは 小学校3年生のとき...

♪ Pick up items ♪ スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です