音と紅茶の時間

音楽と恋の話、想い出話、今の心模様に、紅茶を添えて。

Andante

昨日の自分がいやだったとしても
一夜にして生まれ変わることなんてできなくて

泥だらけになって 必死にもがく姿が恥ずかしくても
駆けだそうとして つまづき転んだことが格好悪くても
立ち止まって 迷いながら

いっぽいっぽ進んでいくしかない

自分の足で 歩く速さで

♪ こちらもどうぞ ♪

Come Home いつから かがまずに てを つなげるように なったんだっけ? ゆうやけ こやけで おうちに かえろ いっしょに あるいて おうちに かえろ わくわくも どきどきも しょんぼりも くたくたも つないだ てから つたわってくるから ...
すこしだけ あたたかなひに オーガニックコットンレース ブランケット~Piccolo cr ***** きょうは すこし ひざしがやわらかい もうふにくるまって ときどきうとうとしたり ぼんやりと へやをながめてみたり いますぐ やらなきゃいけないことも ...
からだとこころ ぷんぷんすると あたまが じーんといたい がっかりすると おなかが ずーんとおもい さみしいと むねが ぎゅうっとくるしくて うれしすぎても むねが きゅうっとくるしくなる すきすぎると てが ふるえるし ふわふわしすぎて たてなくなっ...
髪を切った理由 あなたと出会ってから切らずにいた髪は あなたを想って伸ばしていたわけではないけれど あなたを待つ気持ちが いつのまにかこんなにも重たくなってしまった ラプンツェルのように塔の上で あなたをひとり待ち続けるのはいやだから 髪を切って 身軽な...
桜の下で あと何回、きみと一緒に桜の花を見られるだろう? はじめて桜を見たとき、きみはまだ寝返りをうてなかったっけ 青空と一緒に、桜の花びらが舞い落ちるのを不思議そうに見上げていた 次の春は、よちよち歩きで花びらを追いかけた その次の春には、同...

♪ Pick up items ♪ スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です