音と紅茶の時間

音楽と恋の話、想い出話、今の心模様に、紅茶を添えて。

お菓子うさぎ

お菓子うさぎ兄妹のお菓子屋さん、
パティスリー・ラビゴットのお菓子は、
一口食べると元気になれる、幸せの味。

町のみんなは、パティスリー・ラビゴットのお菓子が大好き。

今日も、お菓子うさぎは、とびきりのお菓子を作ります。
妹うさぎは、お手伝い。

町のみんなが笑顔になれるようにと願いをこめて
一所懸命、オーブンで、お菓子を焼きます。

小麦粉・バターに卵にお砂糖、幸せの気持ちをふりかけて。

*****

お菓子うさぎの妹うさぎは、兄うさぎの作るお菓子が大好きで、
レシピを見ては、自分でもお菓子を焼くのです。

  お兄ちゃんのお菓子は、とびきりの幸せ味。
  材料も、作り方も同じなのに、
  どうして同じ味にならないのかしら?

お菓子うさぎは優しく笑って答えます。

  それはね、ボクの大事な妹うさぎ。
  いつか、恋を知った、そのときに、答えがわかるかもしれないね。

*****

お菓子うさぎは、月が優しく光る夜、屋根裏部屋の小さな窓辺に
とびきりのお菓子を置いておくのです。

屋根裏部屋に、月の光がさしこんで。

朝になると、いつのまにかお菓子が消えているのです。

  お兄ちゃん、どうして、いつもお菓子を
  屋根裏部屋に置いておくの?

  それはね、ボクの大事な妹うさぎ。
  大切な人へのプレゼントなんだよ。

お菓子うさぎは優しく笑って答えます。

妹うさぎは、そんなとき、なんだかお菓子うさぎが
淋しそうだと思うのです。

  お兄ちゃんは、淋しいの?

  そうだね、ボクの大事な妹うさぎ。
  淋しくて、とても幸せなんだ。

*****

ある晩、妹うさぎは、ふと目が覚めて、お店のキッチンに行きました。

大きな窓から、月の光がさしこんで。

キラキラと光るうさぎの影が、お菓子に光る粉を
ふりかけているのが見えました。

その影は、まるで踊っているみたい。

*****

満月の晩、妹うさぎは、お菓子うさぎが出かけるのを見て
そっと後をついていきました。

広場には、たくさんの恋するうさぎたち。

月うさぎとお菓子うさぎが、手に手をとって
ダンスをするのが見えました。

それは、甘くて、とても素敵なダンス。
胸が痛くなるほどの、美しい踊り。

*****

お菓子うさぎの妹うさぎは、友達の薬うさぎに聞きました。

  お兄ちゃんのお菓子を食べた、町のみんなは幸せなのに
  お兄ちゃんはなんだか淋しそう。
  いつも笑顔になってもらうには、いったいどうしたらいいのかしら?

  ふうむ。
  お菓子うさぎは月うさぎに恋をしているから。
  好きな気持ちは幸せで、会えない気持ちは淋しいの。

薬うさぎは、おかあさんが書いてくれた物語を調べます。

  月うさぎが、地上に降りて、恋のダンスが踊れるのは
  満月の晴れた夜だけで。

  月夜の晩には光になって降りてくる。
  でも、その影には、ふれることが、できないの。

妹うさぎは訊ねます。

  それじゃあ、お兄ちゃんは、ずっと淋しいの?

  ここに、こう、書いてあるわ。
  月夜の晩に、月うさぎにキスをしたうさぎは
  一緒に天に行くことができる。
 
  でも、二度とその二人は、地上に降りてくることが、できないの。

*****

お菓子を一緒に焼きながら、妹うさぎは訊ねます。

  お兄ちゃんは月うさぎと、いつも一緒にいたいと思わないの?

お菓子うさぎは優しく笑って答えます。

  そうだね、ボクの大事な妹うさぎ。
  でも、ボクがいなくなったら、
  誰が町のみんなを幸せにするお菓子を焼くんだい?

  みくびらないで、お兄ちゃん。
  今は、まだできないけれど、いつかきっと
  わたしが町のみんなを幸せにする、
  とびきりのお菓子を焼いてみせるわ。

妹うさぎはそう言って、大きい目で、お菓子うさぎを見つめました。

  ありがとう、ボクの大事な妹うさぎ。

お菓子うさぎは優しく笑いました。  

*****

満月の晩、お菓子うさぎは、月うさぎに会いに出かけます。

妹うさぎは、そっと後をついていきました。

広場には、たくさんの恋するうさぎたち。

月うさぎとお菓子うさぎが、手に手をとって
ダンスをするのが見えました。

月夜のダンスが終わるころ、
お菓子うさぎは、月うさぎをそっと抱きしめて
涙を目にいっぱいに浮かべた月うさぎに
優しく優しくキスをしました。

月の光が広場に広がって。
天に二つの影が、手を取り合って昇っていくのが見えました。

*****

それきり、お菓子うさぎと、月うさぎの二人の姿を
見たヒトは、誰もいません。

でも、満月のきれいな夜、
広場から月をそっと見上げると、二人がダンスしている影が
見えるんですって。

お菓子うさぎの妹うさぎのお菓子の話は、また、今度。

♪ こちらもどうぞ ♪

雪うさぎ 「・・・が・・・ったら・・・から・・・」 小高い丘のふもとにある小さな家のベッドの上で、 紅茶うさぎは、今朝も泣きながら目を覚ましました。 「何の夢を見ていていたんだろう?いつも見る夢」 真っ赤な目で、ふーっとため息をつきながら、 水...
恋うさぎ 薬うさぎは、お薬屋さん。 おとうさんうさぎと、おかあさんうさぎが、作ってくれた薬を お店で売って、暮らしています。 おとうさんうさぎと、おかあさんうさぎは 薬うさぎが小さいとき、薬草を取りに行ったっきり 帰ってきませんでした。 でも、...
Patisserie Ravigote お菓子うさぎの妹うさぎのお菓子屋さん、 パティスリー・ラビゴットのお菓子は、 一口食べると元気になれる、幸せの味。 町のみんなは、パティスリー・ラビゴットのお菓子が大好き。 でもね。一年に一度、一週間、お菓子屋さんが オヤスミするときが...
船うさぎ 貝うさぎは、浜辺で貝殻やきれいな石をひろっては、 首飾りやイヤリング、指輪にブローチ、 素敵なアクセサリーを作ります。 できあがった品物は、街の広場の小さなワゴンで、 女の子たちに売るのです。 プレゼントに包んでっていう男の子もいます。 ...
サンタクロースからの最後の手紙... クリスマスツリーを飾りながら、8才のちびうさぎが聞きました。 「ママ、サンタさんって、ほんとはパパとママなの?」 ちびうさママが、少し困った顔でたずねます。 「どうしてそんな風に思うの?」 「ともだちがいってたもん」 「ママじゃな...

♪ Pick up items ♪ スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です