音と紅茶の時間

音楽と恋の話、想い出話、今の心模様に、紅茶を添えて。

栗ごはん

~たべものエッセイ~

*****

栗は買ったり頂いたりしたら、すぐに加熱調理しないと、
あっというまに中で虫が大きく育ち、虫食いだらけになってしまう。

今日は、栗ごはん、という日は、母は真剣だった。

茶色のつやつやのたくさんの栗を前に
ばんそうこうを両手の全ての指に、二重に巻く。
指を切るのを予防するのだ。

栗を左手に、右手に包丁を持ち、力を入れて皮を剥いていく。
時間がかかるので、私は本を読んだり、
きせかえで遊びながら、ときどき母の様子をうかがう。

時折、虫が出現して、母がぎゃーっと叫ぶ。
栗を剥いている時間は、特別。

母と栗にいる虫には近づかない、そう心に決めていた。

剥きあがった栗は、薄い黄色で、ところどころ茶色。

ほっとした顔の母は、お米を研ぎ、出汁と醤油とお酒と塩にひたす。

炊飯器で炊きあがったご飯は、ほくほくで、香ばしいいい匂いで
栗の数を数えて、お茶碗にもられた。

ご飯はおかわりできるけれど、栗には制限がある。
栗ごはんは、特別な料理だった。

*****

私は、包丁で栗の皮を剥くのが怖くて、自分で栗ごはんを
調理したことがない。

栗ごはんセットをお米に加えるだけで炊いてしまう。

でも、味が違うんだよな。
栗の皮むき器を買えば、私でも作れるかな。

そう思いながら、栗の中の虫に会うのが怖くて
いまだに、生の栗を買うことができずにいるのだ。

♪ こちらもどうぞ ♪

クリームソーダ ~たべものエッセイ~ ***** 外食、それは私の憧れ。 節約を重ねていた我が実家。 たまに五人で行くのはラーメン屋さん。 帰りにもらうペコちゃんのペロペロキャンディーが とびきりのごちそう。 洋食屋さん、レストランというところ...
1kgのスパゲッティー 「腹一杯食べたくて、アニキとスパゲッティーゆでたんだよ」 部室で、育ち盛りで大食いのタカハシが、私たちに言った。 「へー、偉いじゃん」 「自炊?カンシン、カンシン」 「どのくらいの量を作ったらいいか分かんなくて、一袋全部ゆでたんだよ...
ドン屋さんがやってきた ドン屋さんがやってきた かれこれ25年くらい前の記憶なので 少し間違っているかもしれませんが…。 北海道旭川市、私たち家族が、社宅の団地に住んでいた頃の話です。 ***** 冬の始め、まだ雪が降らない頃、小学校からの帰り道、 団...
無水鍋のスポンジケーキ ~たべものエッセイ~ ***** 私が小さい頃、母は、いつも無水鍋でケーキを焼いてくれた。 はかりにチラシをのせて、砂糖と小麦粉を量る。 ざるでふるうのは、子供の私の仕事。 18㎝のケーキ型には、マーガリンを塗って、小麦粉を薄く...
のり入りたまご焼き ~たべものエッセイ~ ***** 母が作ってくれるたまごやきは、砂糖入りで甘かった。 幼稚園のお弁当は、いつも残さずぴかぴかに食べていた。 そんな記憶がある。 ある日、お弁当に入っていたたまごやきは ぐるぐる黒いうずまき模様があ...

♪ Pick up items ♪ スポンサーリンク

コメント

  • こんにちは、
    祥子サンのクリスマスアルバムは
    入手できましたでしょうか
    発売4日目で通販分は完売。
    現在は 東京&横浜の
    一部のディスクユニオン計5店舗の店頭在庫のみです

    Little Loveの新録ピアノ弾き語りが
    純粋に曲の良さを引き出していたり、
    新曲「この世のどこかに」は
    70年代歌謡曲風味で新鮮。
    JOURNEYのカバーでは
    鈴木祥子キャリア史上最大の絶唱ぷりが
    記録されていました

  • バタバタしているうちに入手しそこなってしまいました。
    やっぱり予約しなきゃだめですね。
    都内に行く機会があったらディスクユニオンチェックしてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です