音と紅茶の時間

音楽と恋の話、想い出話、今の心模様に、紅茶を添えて。

クリームソーダ

~たべものエッセイ~

*****

外食、それは私の憧れ。

節約を重ねていた我が実家。
たまに五人で行くのはラーメン屋さん。
帰りにもらうペコちゃんのペロペロキャンディーが
とびきりのごちそう。

洋食屋さん、レストランというところになんか、
行くチャンスはまったくなかった。

それでも何かの機会に家族で行ったレストラン。
そのとき、キラキラとしたメニューのなかで
私の目を引いたのは、メロンソーダのクリームソーダ。

緑色の炭酸に丸くて白いバニラアイス。
赤いチェリーに、まがったストロー。

値段を見て、ため息をつく。
ごはんと一緒に頼んだら、千円を超えてしまう。
こんなの、とても親には頼めない。
ジュースでさえ、むり。水でガマン。

*****

高校を卒業して、じぶんの稼いだバイト代で
食べた、駅ビルのクリームソーダ。

400円以上したと思う。
たぶん、クリームソーダの値段の高さは、器代なのだ。

しゅわしゅわと上に昇る炭酸の泡を見つめながら
ゆっくりゆっくりアイスをつつく。

アイスにくっついて、ジュースが凍って
少しカリカリとしている部分を、
長いスプーンで、そーっと削って口に運ぶ。

ジュースをストローで少しずつ、飲む。
あっけなく、食べ終わってしまった。

*****

今でも私は、クリームソーダは、メロンソーダに
アイスクリームをのせたものがいいと思う。

ソフトクリームでは、あのカリカリができないから。

私の子供は、外食の時には、
100円のジュースやアイスを頼んだりは
平気でするけれど、なかなかクリームソーダにまでは手が出せない。

私の憧れの外食、贅沢の象徴。
それが、アイスののったクリームソーダなのだ。

♪ こちらもどうぞ ♪

心象と実像のクレープ ふんわりと漂う、粉の焼ける甘い匂い。丸い鉄板の上でくるりと伸ばされた生地は、薄く黄色く少し茶色の焦げ目がついている。絞ったクリームにフルーツやチョコがのせられ、手際よく、くるくると三角に巻かれていく。しゅっと紙に包まれ、焼きたての薄い皮から...
1kgのスパゲッティー 「腹一杯食べたくて、アニキとスパゲッティーゆでたんだよ」 部室で、育ち盛りで大食いのタカハシが、私たちに言った。 「へー、偉いじゃん」 「自炊?カンシン、カンシン」 「どのくらいの量を作ったらいいか分かんなくて、一袋全部ゆでたんだよ...
梅の魔女 梅シロップを漬けて2週間。すでにほぼ氷砂糖は溶けていて、炭酸で割って飲みはじめている。そろそろ梅の実を取り出して火を入れないと、と思う。 小鍋に梅シロップを漉しながら入れる。とろりとした薄い金色の液体。 弱火にかけながらゆっくり...
お腹が空いているからお料理がおいしい... 夕食のハンバーグを焼いていたら、突然思い出したこと。 ***** 以前、高校のときの部活の先輩の新居におじゃまさせて いただいたことがある。 私の高校は札幌なのだけれど、関東に就職した年の近い 部活のOB、OGを呼び集めて、小さな同窓...
カフェラテ十三分間 キミがいつものようにレーズンパンをかじっているころ、もそもそと起き出して、キッチンに向かう。 ケトルのお湯は一度沸いて温まっている。もう一度火にかけて、沸騰させている間に、マグカップを棚から取り出し、ドリップコーヒーの封を切り、セットする...

♪ Pick up items ♪ スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です