音と紅茶の時間

音楽と恋の話、想い出話、今の心模様に、紅茶を添えて。

真昼の密会 中

『中南米帰りの男ギブと人妻かこが二人きりで会う企画』
              in 鎌ヶ谷

いろいろ話してたんで、適当にダイジェストでお送りします。

(※中南米帰りの男と人妻は、だらだら話をしていましたので
 時系列などを越えて、脳内で勝手に編集、要約、場合によっては
 意訳されていることを ご了承ください。)

ギブさん」と、店内で、呼んでいいものか気になったんですが
本人が全く気にしている様子もなかったんで、
そのまま「ギブさん」と呼んでます。

1.親に会わせる顔のないギブ青年

かこ「ギブさんって、今、実家にいるの?」

ギブ「いえ、兄のところです。親には会いにくくって(苦笑)」

(やべっ、いきなり踏み込んだ質問をしちまった)

かこ「あー、会いにくいよね。会うとうるさいでしょ?」

ギブ「はい。就職しろとか」

かこ「親世代は就職して結婚してりゃ、安心、とか思ってるんだよね。
   そんなこともないんだけどねー。
   私は、自分で食べる分稼いでいれば、何しててもいいと思うんだけど」

(やべっ、これじゃ近所のおせっかいおばちゃんだよ)

かこ「この後は、ちょっと稼いで、また海外に行くの?」

ギブ「しばらくは国内を放浪しようかと」

かこ「その後は?」

ギブ「就職活動?」

ギブ青年は、一生旅を続けるため、絶賛スポンサーを募集中です。

2.秘密主義のギブ青年

ギブ「僕は、絶対自分が書いてるってばれないように、
   リアルタイムでは記事を書かないんです。旅は二か月遅れで」

かこ「あー、童貞とか、知られたくないよね。リアルの友人には」

ギブ「(苦笑)」

(やべっ、真昼の鎌ヶ谷で、いきなり下ネタを言っちまった)

かこ「旅ではなかったの?そういう機会」

ギブ「女の人と、縁がないんですよねぇ」

かこ「男がいいって訳じゃないんだよね?」

ギブ「えっ?・・・違いますよ。女の人がいいですよ、もちろん」

(なんだ、今の間は?)

かこ「私も、日付とか少しずらして書くなぁ。でも、もし、
   私だって知られても差支えない内容しかブログには書かないな」

ギブ「僕はもう、絶対にバレないようにしてますね」

ギブ青年は、女を募集中です。たぶん。

3.完成度の高い記事をめざすギブ青年

かこ「2ケ月前のことって、忘れない?メモとか取ってるの?」

ギブ「取ってないです。すごい考えて思い出します。
   会話の言い回しとかも、正確に書きたいんで」

(会話の言い回しまで、私、ムリムリ。
 どうしよう、このオフ会をブログに書くとき)

 ※今、フィーリングで書いてます

ギブ「記事を書くときも、一度書いて寝かせるんですよ。
   その後、また読み返して、面白くないところは書き直します」

かこ「ふむふむ。私は、書いたら、すぐにあげちゃう。
   さばいてそのまま、血が吹き出してる状態で」

ギブ「生臭いですねー」

ギブ青年は、記事の推敲を重ねてから、アップしてます。

4.PCに強くないギブ青年とかこ

かこ「ギブさんって、旅した地図とか作らないの?
   地名を踏んだら、そのブログ記事に行けるとか、よくない?」

ギブ「いいですねー、でも僕、PC弱くって。
   どうやって作るんでしょうねぇ」

かこ「どうやったらいいんだろうねぇ?」

ギブ青年の旅したマップ(記事リンク付き)、作ってくれる人、絶賛募集中。

5.リピーター重視のギブ青年

ギブ「僕は基本、一日置きに記事を更新するんです」

かこ「その心は?」

ギブ「リピーターさんに、記事を読んでほしいので」

かこ「たしかに一気に記事をあげると読み飛ばされちゃうよね。
   でも、私は書きたいときに一気に書いて、ガンガンあげちゃう。
   検索の人って、自分が読みたいときに、来るじゃない?
   だから、いつ更新しても、関係ないっていうか」

ギブ「へー、僕はリピーターさんしか頭になかったです」

かこ「旅の地名とかで検索に来る?」

ギブ「まったく来ないですね(苦笑)。むしろ、下ネタで検索が」

かこ「ああ、コメント欄も、検索にかかるよね」

意図した通りには、検索がかからない。
お願い、Gooogle先生♪

真昼の密会 下 に続きます。

真昼の密会(・中・

♪ こちらもどうぞ ♪

最近の心境とか 涼しくなってきましたね。 秋といえば、文学。 ちょっと人恋しい季節。 最近、恋の詩や、物語が心に浮かんできます。 つる草のかぶれが、まだ治っておらず 痒みを抑えるため、抗アレルギー剤を飲んでいて、 ぼんやりしているところもあって ちょっ...
色辞典という色鉛筆〜IROJITEN 私が色辞典に初めて出会ったのは、中学生の時。札幌の大通公園に近い「大丸藤井セントラル」という大型文房具店。 本のような箱に入っていて、キャッチフレーズが「きっと探していた色がある」。 ◆IROJITEN〜Tombow(トンボ鉛筆) た...
本を読むということ 私は小さい頃、本ばかり読んでいて、頭でっかちな子供だったように思う。知識だけ貪るように吸収して、世界のいろいろなことを分かっていると過信していた。 少し大きくなって、実際に自分の身を以て経験したとき、ああ、あの本に書いてあった文章は、こう...
どこかに居場所があればいい〜3月のライオン(10)羽海野チカ... 3月のライオンは、自分の居場所を見つける、というのが メインテーマなんじゃないかと思う。 この漫画を読んでいると、自分の学生時代を思い出したり、 子供たちの学校生活を想ったりする。 クラスで居場所が無かったり、部活でうまくいかなかったり...
産後の恨みと夫婦生活 産後、セックスレスで悩んでいる夫婦は、少なくないと思います。 実は、うちでも長いことレスの時期がありました。 産後は身体も心もボロボロで。 授乳による栄養不足、寝不足と、たぶん育児ノイローゼ。 性欲どころか、食欲すらない。 赤ちゃん...

♪ Pick up items ♪ スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です