音と紅茶の時間

音楽と恋の話、想い出話、今の心模様に、紅茶を添えて。

母親の呪縛・性への恐怖感

私の母親は、二度、望まぬタイミングで妊娠しています。

一度目は、私の上の兄が1歳になる前、下の兄を身ごもり、
早すぎると思いながら、年子を必死で育てました。

そして、また、下の兄が1歳になる前に、お腹に赤ちゃんが入りました。

父が単身赴任中でもあり、故郷からも遠く、一人で年子を育てていたこともあり、
どう考えても三人の年子を育てるのは無理だと
泣いて泣いて、その子を諦めたそうです。

あれだけ気を付けていたのにと、哀しくて仕方なかったそうです。

母は、思春期の私や兄たちに、たびたび言いました。

 お母さんは、ものすごく気を付けて避妊していても、妊娠した。
 あなたたちは、とても妊娠させやすいし、
 妊娠しやすい遺伝子を持っているんだからね。

だから、性行為をしてはいけない、とは言いませんでした。
でも、その脅しの言葉は、私を確実に縛りました。

『避妊しても妊娠するからね』

*****

それでも、若かった私は、好きな人と性行為を
完全に避けることはしませんでした。

ただ、その時、私は、心の中で叫んでいました。

 私は今、あなたの子供を身ごもってしまっても
 いいと思っているほど、あなたが好き。
 あなたには、その覚悟があるの!?

その言葉を相手にぶつけることはなかったけれど。
だって、好きな人に避けられたくなかったから。

ナマ入れしたい、などと気軽に言う相手には、憎悪の念さえ抱きました。
それでも、断らなかったこともあります。

私にとっては、気持ちがいいどころではありません。
万が一、中出しされてしまったらどうしよう。
そうでなくても、妊娠してしまう可能性はある。まさに恐怖。

挿入すると、母の声はますます強くなります。

『避妊しても妊娠するからね』

きちんと避妊していたときでさえ、私は、次の生理が来るまで、
毎日毎日、不安でたまりませんでした。

そんな状態では、気持ちよさを感じられるわけがないでしょう。

それでも、私は、好きな人と、交わりたかった。
心の中で覚悟したうえで。

*****

結婚した後、夫には、話しました。

 私は性行為をするたびに、妊娠してしまうのではないかと
 毎回とても不安と恐怖を感じている。

 子供は好きではないし、欲しいと思わない。

ピルを飲んでいた時期もあるし、性行為自体を避けていた時期もあります。
リング、IUDも検討しました。予算と他の面での不安から
実行には至らなかったけれど。

*****

結婚して5年経ち、30歳を前に、ふと、子供を
作ってみようという気持ちになりました。

それは、動物的な本能が私を呼んだのかもしれないと
思っています。

 自分以外の生命がお腹の中で育っていくのを感じてみたい。

 自分の意図どおりに動かない、別の意思を持つ小さな人間が
 自分の近くにいても、面白いんじゃないだろうか。

そして、もう一つの理由。

 妊娠することへの恐怖を感じずに、行為というものをしてみたい。

避妊をやめたら、二回とも、すぐに子供が出来たので
妊娠しやすいことは、確かだったようです。

*****

それは、未知への興味であって、
純粋に子供が欲しいというのとは、違っていたのだと思います。

私は結局、赤ちゃんとどう接していいか分からず
真剣に真面目に育てたあげく育児ノイローゼになり、
働くことで強制的に子供と距離を取り、
ようやく子供を可愛いと思えるようになりました。

育児の孤独

*****

そして、やはり、妊娠したくない時期の行為についての
心理的抵抗はなくならず、セックスレスの時期も、長かったんです。

でも、最近、ふと、恐怖感が薄れました。

自分の避妊した時の成功率は、今のところ100%。

母は、きちんと慎重に避妊したと言っていたけれど
父は、勝手に自分のしたいようにしていたのではないか。
母を適当に言いくるめながら。

と、ふと思ったんです。
父は、そんな自分勝手なところのある人間なんです。

*****

産後、母に、言われたことがあります。
ちゃんとしているの?と。

する気にならないから、してない、と答えると、
浮気をされないように、旦那さんの機嫌が良くなるように
望まれた時は、断らずにするようにしたほうがいい。
肩こりも取れて、すっきりするしね、と。

私は、過去に望まない妊娠をし、私に呪いをかけた母が、
行為を私に勧めることに、とても違和感を感じました。

私自分の意志よりも、相手の気持ちを優先させろと
言うことも、実に母の言葉らしくて、嫌でした。

余計なお世話、と思いました。
私は、あなたの言葉に縛られて、性生活を楽しめずにきた、
と、母に言うことはできなかったけれど。

 妊娠するのが嫌で、怖くて、できないの。

と、言ってみました。

すると、私が生まれてから、もう絶対子供が出来ないようにと
父が、パイプカット手術をしたのだと教えてくれました。

避妊については、旦那さんと、よく話し合ったらいいよ、と。

*****

私は、母の言葉のおかげで、好きでもない相手との無節操な性行為と
望まぬ妊娠を避けることができました。

でも、その大きな代償、妊娠への恐怖感により、
配偶者との性行為でさえ楽しめなくなるということは、
母も想定していなかったと思います。

そして、今更、母に訴えても、どうにでもなるものではないし
その発言の正当性を主張されるだけだと思うので、
あえて、言いません。

『避妊しても妊娠することはある』

それは、データもある事実だし、その認識や覚悟がまったくないままでの
性行為は避けた方がいいと私は思っています。

でも、その言葉が、女性に重くのしかかる場合もあるのだと
男性と違って、妊娠するという可能性を背負って、
それでも好きな人と交わりたくて、気軽ではない気持ちで
女は男の前にいるのだと、男の人は知っておいた方がいいかもしれません。

私は、母が私を生んだ年齢より、ずいぶん年上になりました。
いいかげんに、もう、母親の呪縛から、自分を解放してやりたいと
思っているんです。

♪ こちらもどうぞ ♪

坂道下って、空を見上げて、帰ろう... 私の家は、坂の下にある。行きは上りで、帰りは下り。 帰り道の坂は、いくつかあるのだけれど、私は、夕方、この坂を下るのが好き。 空がとても広くきれいに見えるから。 薄暗くなって、風が吹いて、空が夕焼けだったり、残った光が様々に見える。雲...
知りたい、という気持ちがあれば、それだけでいい... その人と仲良くなりたかったらその人をまるごとそのまま見たらいい。知りたいという気持ちがあれば、それだけでいい。知りたいと思う気持ちは、好意だ。好意がもてないのに適当に「解決策を提示」し「教え諭して」やろうと思うのは単にその人を踏み台にして優...
結婚生活中、最悪の評価 今年は、ブログやサイト作りにかまけていて、 家事のおろそか具合が、半端ないです。 以前は、育児と仕事の合間に家事をしぶしぶやっていましたが、 今は、仕事の合間にブログを書き、その合間に育児をしている感じなので 家事(特に片付け系)の入り込...
「白夜の家族」を終えて〜心に残るものを作っていきたい... すごく久しぶりに舞台に立ちました。芝居という形では、10年以上ぶりです。 昨年末、かつやで涙ぐみながら、カツ丼を食べながら、文ちゃんのことを思い出していました。 ◆かつやの踊り子 そしたら、そのすぐ後に、昔の演劇というかダンスというか...
もう何も書けない・お休み中に考えてたこと... 二週間ばかり、ココロデザイン全体で、 お休みをいただいてました。 実は、お休みに入る前からずっと不調で、 PCに向かっても、まったく記事を書く気が起きず、 最初の10日間くらいは、本気で、ひょっとしたら もうこのままブログを再開できないん...

♪ Pick up items ♪ スポンサーリンク

コメント

  • そうだそうだ!!いい加減解放してあげて!!

    ・・「かゆい」に飛んできてお見舞いコメ書いてたら
    なんだかすごいエントリーに気付いた@@;

    「避妊しても妊娠する」って
    凄い呪縛だったね。背景が少しだけ見えた。

    でも私も、子供たちには
    「避妊しなかったら出来て当然」とは教えるつもり。
    子作りでも無いのに、生なんてとんでもない!!って。

    女性は、受胎するかも知れない相手&胎児の事を
    真剣に考えられない男性とは
    絶対にしちゃいけないと思う。自分を守る為にも。

    もしヘンな要求があっても、断る事で
    逆に相手の真意が判るというか。

    助産院で中絶の相談に来る学生達の話とか
    聞いて、本当に悲しかったんだ

    自分を大事に出来る、断れる勇気を
    今後の子供たちには持って貰いたいと
    記事を読んで改めて思った。

    旦那の要求を優先しなさい、ていうお母様も
    凄いな。。。正論だし理屈はとっても判るけど
    せめて産後は娘の味方であって欲しい(; ;)

    なんか他にも色々怒ったり頷いたりしたけど
    取り留めないわーごめん

    蕁麻疹、早く治まりますように!!

  • ごめんなさい

    良く考えたら、ご両親のこと
    思いっきり非難してる様にも読める
    コメになってたかも@@;

    ただ、私たちの親の世代って
    オギノ式信仰があったり
    ゴムの品質が悪かったり、情報も少なかったんだろうと
    推測していて。

    色々仕方なかったのかなとも思ってて。
    だから、その点を非難する気は更々ないんだよ。

    もし気を悪くしてたらごめんよ(;;)

    子供たちの性教育について
    そろそろ絵本とか、考える時期だなーと
    思ってたこともあって

    そして、なにより
    この記事の本筋とはズレたとこで
    思いっきり反応してしまったのを
    後悔してます(--;

    親の呪縛、というテーマは
    引っかかります。個人的にとても。
    多かれ少なかれ、誰しもあるんだと思うけど。

    そこから、如何に自分を解放するか
    呪縛を解除するか、って、とても大きいよね。

    ここ最近の記事で、改めて向き合って
    解除方法を探ろうとしてる最中なのかな

    とにかく、勢いで書いたらアカンわ(T-T)
    でも勢いないと、なかなか書けないのよね・・

  • ごめんね~。あやまらないで。後悔しないでっ!

    すごく嬉しかったの。うん。うん。って読んでたんだけど、
    なんて返そうか考えてたら、すぐ書けなかっただけなの。

    私に娘がもしいたら、避妊をきちんとしない人とは
    しちゃだめだよって、私も伝えると思う。

    でも、性に対する否定的なイメージは植えつけて
    しまわないようにしたいよね。
    悪いことじゃない、素敵なことだもの。

  • 本筋からも、全然ずれてないよ。
    まさに、ど真ん中。

    この記事書きながら、イマイチ自分でも
    どこにポイントがあるか、はっきりしなかったのね。

    思いつくまま、順番に書いちゃったから
    どれも伝えたいことであることに間違いはない。

    オギノ式に頼るのは、本当に危険だよね。
    むしろ、妊娠したい人にこそ活用してもらう技術で。

    親の呪縛ね。
    いいかげん自分の中で解放されたと
    思ってたんだけど、まだまだみたい笑。

    ほかにも色々あるんだよね。
    親のことに限らず、過去にひっかかってること。
    一つ一つ、思い出したら、書き出していきたいと思ってます。

    私って、思ってた以上にしつっこい
    人間だったんだなぁって、この頃しみじみ思う笑。

  • 勢いのあるコメント、ホントに嬉しかったよ~。
    ありがとね。

    かゆいのは、まだかゆいけど、
    今日は昨日より、腫れが引いてきました♪

  • ほんと?良かった・・(´~`ヾ)

    いやーもー、気が気じゃなくて・・
    また自重するかも^ ^;>勢いのあるコメ

    お顔、まだ腫れてはいるのか@@;
    よっぽど酷かったんだな(--;

    お薬かなりねむいのね・・・オヤスミ~^^ 

  • 自重しないでっ!笑

    ブログ移転してから、コメント即返ししなくなったので、
    返事が遅くても心配しないでくださいな。

    顔はだいぶおさまったよー。
    今、手、腕がかなりかゆい。

    ありがとね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です