音と紅茶の時間

音楽と恋の話、想い出話、今の心模様に、紅茶を添えて。

産後の恨みと夫婦生活

産後、セックスレスで悩んでいる夫婦は、少なくないと思います。

実は、うちでも長いことレスの時期がありました。

産後は身体も心もボロボロで。
授乳による栄養不足、寝不足と、たぶん育児ノイローゼ。

性欲どころか、食欲すらない。

赤ちゃんは夜、しょっちゅう起きます。
私は、乳幼児だとしても、子供の寝てる横でとか、ホント、ムリで。

あと、そんなことしてる時間があるなら、寝不足の私は眠りたいんだよ!
夜泣きで今起きたら、また寝かし付けるの私だよ。
あなたは気楽でいいよね!みたいな。

*****

それでも、おつとめと思って、ちゃんと旦那さまのお相手をする
妻も世の中には多いのかもしれないですね。

隣にいる女性とすることさえしていれば、
機嫌の良い男性は、多い気がするもの。
私は、男じゃないから、よく分からないけど。

でも、私にはできなかった。

淋しそうに、悲しそうに、しょんぼりしている夫に、申し訳ないと思いながら。

でも、私は、夫が自由でずるいと思ってました。
夫は、それなりには、私を気遣っていてくれたと思います。

それでも私は、赤ちゃんを抱え、孤独感と疲労感で心がいっぱいだったんです。

そんな恨みや不信感を心に抱えてる状態では、
ちっとも全然気持ちよくないんだもの。

義務感じゃ、私はできない。
相手が好き!って思ってる状態じゃないと、全然ダメ。

私ばっかり苦労してるって恨んでる間は、避けてばかりいました。
そういう状況になると、暑いから、などど振り払って。

そういうのって、夫もかなり傷つくと思います。
ごめんねって思ってました。他に好きな人ができても、仕方ないなぁ、と。

夫は、浮気するタイプではなく、
他に好きな人ができたら、本気、たぶん。

それなりの覚悟もしていました。
だって、私と夫婦でいたら、一生できないかもしれない。

私は、したくもない性行為をするくらいなら
ずーっとしない方がマシ、そういう人間です。

*****

余談ですが、若かりしころ、相手にほだされて
たいしてしたくもないのに、うっかりヤッちまったことは
何回もあります。

そういうの、キスも含めて、すごくよくないです。

私の身体は、私の心に非常に正直なので
はじまったとたんに、どんどん気持ちが覚めていき、
反省と、後悔の嵐。苦痛で、気持ち悪いだけ。

トラウマになります。
心から望むときに、ちゃんと好きな相手としたほうが、いいです。

まあ、このへんは個人差があって、身体が満たされたら
心が満たされるっていう、私と逆方向に向かう人も
いるんでしょうけど。

心無い行為は、むなしく、気持ち悪いだけ、私にとっては。

私はそう思います。

*****

でも、夫のこと、ちゃんと好きになりたいなー。
このまま、こんな状態でいるの
いやだなーって思ってました。ずっと。

夫は、たぶん少し諦めつつ、ずーっと怒りもせずに待っててくれました。

私が義務感で動けない、やりたくないことはできない人間だと
分かってくれていたから。

そして、私、怒りが溶けたんですよ。
夫は、私のこと、分かってくれてたんだ、って、ふと思えた時に。

溶けていく怒り

ブログで、赤ちゃん育児で辛かったときの思いを
書きだして、心の整理を続けて、自分の中で消化したってのも
大きかったと思います。

*****

一番近くにいる人を好きだって思えるのって、とても幸せなことです。

心が通じる相手と、身体も通わせることで
頭で考えているだけでは、見えない世界が見えてきたりします。

心も、身体も満たされる。

そんな夫婦でいられたら、とても素敵ですよね。

*****

※この話は、勘太さんのブログのコメント欄で出た話に
加筆・修正したものです。

♪ こちらもどうぞ ♪

生まれ変わるなら 生まれ変わったら、何になりたいだろう? 今、私は、現状とりたてて境遇に不満もなく、 変わりたい、変えたいと望むことも多くあるけれど 生まれ変わるまで気長に待つことなく、 今、この自分で、何とかしたいと思う。 生まれ変わっても、この生きて...
色辞典という色鉛筆〜IROJITEN 私が色辞典に初めて出会ったのは、中学生の時。札幌の大通公園に近い「大丸藤井セントラル」という大型文房具店。 本のような箱に入っていて、キャッチフレーズが「きっと探していた色がある」。 ◆IROJITEN〜Tombow(トンボ鉛筆) た...
3月のストライキ 春のはじめというのは、まあ、毎年だいたい調子が悪い。 3月はなんだかんだやらなきゃいけないことも多く、 最近は帰省に関わる嫁姑間の埋められない意識の違いだの、 職場の人間関係の微妙な緊張感だの、 日々のお弁当作りだの、家のごちゃごちゃだの...
自己最低体重記録更新・再 一週間ほど前、過去20年間での自己最低体重を更新し 46.3kgになったという記事を書いたばかりですが さっき、体重計を見て、びっくりしました。 45.6kg。 なんだ、この数字。 ちょっと、私、まずいかもしれない。 今日、記事4個も...
片付けへの抵抗感と親への反発(下)... (上)から続きます。 ***** 電話で家の片づけをしないと、母と約束した私は 飛行機の移動で疲れているのに、外で待たせるのは申し訳ないと思い、 勤務先のレストランで、家のカギを渡して、 先に、家で休んでもらうことにしました。 両親は...

♪ Pick up items ♪ スポンサーリンク

コメント

  • 分かるような気がします。あなたも。旦那さんも。
    お幸せに!

  • ありがとうございます。
    すれ違うことも、あったりしますけど、
    これからも長い付き合いになるんですもんね。

    にーチェさんも、お幸せに♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です