音と紅茶の時間

音楽と恋の話、想い出話、今の心模様に、紅茶を添えて。

ビー玉と白い砂

砂浜に取り残されたピカピカのビー玉を
ひとり見つめているのが哀しくて、
両手でひとすくい、白い砂をかけるの。

毎日、毎日ひとすくい、そっと砂をかけてみる。

波に洗われて、また、ビー玉が見えてしまったりするけれど
それでも砂を上にのせ続けるの。

そのうち、ビー玉を埋めた場所も分からないくらいになって
波に洗われても、きっと見つからなくなる。

キミと一緒にビー玉を見つめた記憶も
そのうち遠くなって、砂に埋もれてしまうでしょう。

波に洗われて見え隠れするビー玉をひとり見つめて
今日も、両手に一すくい、白い砂をかけてみるの。

キミとここにいた記憶も、砂浜のどこかに紛れて
見つからなくなる日がくるのでしょう。

そう思いながら、両手で砂をすくいながら、
こぼれ落ちる涙が新しいビー玉となってしまうの。

ビー玉と白い砂。

どちらが最後に残るのでしょう。

♪ こちらもどうぞ ♪

雪割り 春よ来い 早く来い 願いを込めて かたい雪のかたまりに スコップを入れる ざく ざく ざく ざく ざく ざく 凍った雪のかたまりに おひさまの光が届くように あたたかな空気が届くように ざく ざく ざく ざく ざく ざく 春よ来い...
雪どけ スノークリスタルピュアパールペンダント~Frank ***** 雪が降ったから 粉雪が降って 白く降り積もって キミとみた景色を塗りつぶしてくれたから キミの記憶をキレイに隠してくれたから このまま消えそうな雪と一緒に キミへ...
髪を切った理由 あなたと出会ってから切らずにいた髪は あなたを想って伸ばしていたわけではないけれど あなたを待つ気持ちが いつのまにかこんなにも重たくなってしまった ラプンツェルのように塔の上で あなたをひとり待ち続けるのはいやだから 髪を切って 身軽な...
からだとこころ ぷんぷんすると あたまが じーんといたい がっかりすると おなかが ずーんとおもい さみしいと むねが ぎゅうっとくるしくて うれしすぎても むねが きゅうっとくるしくなる すきすぎると てが ふるえるし ふわふわしすぎて たてなくなっ...
桜の下で あと何回、きみと一緒に桜の花を見られるだろう? はじめて桜を見たとき、きみはまだ寝返りをうてなかったっけ 青空と一緒に、桜の花びらが舞い落ちるのを不思議そうに見上げていた 次の春は、よちよち歩きで花びらを追いかけた その次の春には、同...

♪ Pick up items ♪ スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です