音と紅茶の時間

音楽と恋の話、想い出話、今の心模様に、紅茶を添えて。

桜の下で

あと何回、きみと一緒に桜の花を見られるだろう?

はじめて桜を見たとき、きみはまだ寝返りをうてなかったっけ
青空と一緒に、桜の花びらが舞い落ちるのを不思議そうに見上げていた

次の春は、よちよち歩きで花びらを追いかけた

その次の春には、同じお弁当が食べられるようになって

またその次の春は、屋台でチョコバナナを選んだりした

今年も行こう、桜の咲く公園に
桜の花びらが舞い落ちるのを見上げながら、一緒にお弁当を食べよう

あと何回、きみと一緒に桜の花びらを追いかけられるのかな?

今年も行こうね、桜の花咲くあの公園に

♪ こちらもどうぞ ♪

私の正直 私が思うままにふるまうことが あなたの意に添わなくても 私があなたの願う私でないことも それは仕方がないことで 等身大の私があなたを失望させたとしても 私は私自身であることしかできないわけで あなたの期待通りでない私であることに 淋し...
からだとこころ ぷんぷんすると あたまが じーんといたい がっかりすると おなかが ずーんとおもい さみしいと むねが ぎゅうっとくるしくて うれしすぎても むねが きゅうっとくるしくなる すきすぎると てが ふるえるし ふわふわしすぎて たてなくなっ...
小さなひみつのこうえんで アンティークチャーム・カギ~Kiwaza ***** あの日 いっしょにあそぼ って こえをかけたのは キミが ひとりぼっちで ないているように 見えたから それから まい日 ボクたちは 小さなこうえんに あつまって たんけんき...
はるのあめ あめがふる あめがふる はるのやさしい あめがふる おやすみなさい ねむりなさい いまはなんにも かんがえないで ただめをつむって あたたかな しずかなくうきに つつまれて おやすみなさい ねむりなさい いまはしずかに おやすみなさい...
Andante 昨日の自分がいやだったとしても 一夜にして生まれ変わることなんてできなくて 泥だらけになって 必死にもがく姿が恥ずかしくても 駆けだそうとして つまづき転んだことが格好悪くても 立ち止まって 迷いながら いっぽいっぽ進んでいくしかない ...

♪ Pick up items ♪ スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です