音と紅茶の時間

音楽と恋の話、想い出話、今の心模様に、紅茶を添えて。

桜の下で

あと何回、きみと一緒に桜の花を見られるだろう?

はじめて桜を見たとき、きみはまだ寝返りをうてなかったっけ
青空と一緒に、桜の花びらが舞い落ちるのを不思議そうに見上げていた

次の春は、よちよち歩きで花びらを追いかけた

その次の春には、同じお弁当が食べられるようになって

またその次の春は、屋台でチョコバナナを選んだりした

今年も行こう、桜の咲く公園に
桜の花びらが舞い落ちるのを見上げながら、一緒にお弁当を食べよう

あと何回、きみと一緒に桜の花びらを追いかけられるのかな?

今年も行こうね、桜の花咲くあの公園に

♪ こちらもどうぞ ♪

Come Home いつから かがまずに てを つなげるように なったんだっけ? ゆうやけ こやけで おうちに かえろ いっしょに あるいて おうちに かえろ わくわくも どきどきも しょんぼりも くたくたも つないだ てから つたわってくるから ...
あなたを想う短歌三選 秋風にあなたの不在が淋しいと 気づきココアを入れるキッチン 想う人現在何をしてますか あなたの影を探すツイート PCは君へと続くどこでもドア 心の扉も開くといいのに...
赤ちゃん 両手を空に伸ばし 足をばたばたさせ 大声で泣き叫ぶ 私はここにいるのだと 存在に気づかれなければ死んでしまうのだと 必死になって泣き叫ぶ 赤ちゃんを抱きしめて途方に暮れていた私 今 思う 穏やかに押し殺した笑顔の下で 私はここにいる...
ぎゅってして キミが わたしのこと好きなの 知ってる キミが 口下手なのも 知ってる だけど ときどき不安になるの キミは ホントに わたしのこと 好き? だから 何も言わなくていいから ぎゅってして ココロといっしょに だきしめて...
Andante 昨日の自分がいやだったとしても 一夜にして生まれ変わることなんてできなくて 泥だらけになって 必死にもがく姿が恥ずかしくても 駆けだそうとして つまづき転んだことが格好悪くても 立ち止まって 迷いながら いっぽいっぽ進んでいくしかない ...

♪ Pick up items ♪ スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です