音と紅茶の時間

音楽と恋の話、想い出話、今の心模様に、紅茶を添えて。

すこしだけ あたたかなひに

オーガニックコットンレース ブランケット~Piccolo cr

*****

きょうは すこし ひざしがやわらかい

もうふにくるまって ときどきうとうとしたり
ぼんやりと へやをながめてみたり

いますぐ やらなきゃいけないことも
たぶんなくて

あたまのなかを からっぽにして
ナマケモノになって なにもしないでいる

やわらかなくうきに ただ ふわふわとけている

そして あなたのことを すこしだけおもう

あたたかな ひだまりのなかで

♪ こちらもどうぞ ♪

からだとこころ ぷんぷんすると あたまが じーんといたい がっかりすると おなかが ずーんとおもい さみしいと むねが ぎゅうっとくるしくて うれしすぎても むねが きゅうっとくるしくなる すきすぎると てが ふるえるし ふわふわしすぎて たてなくなっ...
髪を切った理由 あなたと出会ってから切らずにいた髪は あなたを想って伸ばしていたわけではないけれど あなたを待つ気持ちが いつのまにかこんなにも重たくなってしまった ラプンツェルのように塔の上で あなたをひとり待ち続けるのはいやだから 髪を切って 身軽な...
あなたを想う短歌三選 秋風にあなたの不在が淋しいと 気づきココアを入れるキッチン 想う人現在何をしてますか あなたの影を探すツイート PCは君へと続くどこでもドア 心の扉も開くといいのに...
秋風 今日は天気がよくて 風が気持ちよくて となりには君がいる それ以外に 何がいるっていうんだい 今日はごはんがおいしくて 空が青くて となりには君がいる それだけで もう最高に幸せなんだ 一緒に笑って 君の笑い声を聞かせて それだけ...
桜の下で あと何回、きみと一緒に桜の花を見られるだろう? はじめて桜を見たとき、きみはまだ寝返りをうてなかったっけ 青空と一緒に、桜の花びらが舞い落ちるのを不思議そうに見上げていた 次の春は、よちよち歩きで花びらを追いかけた その次の春には、同...

♪ Pick up items ♪ スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です