音と紅茶の時間

音楽と恋の話、想い出話、今の心模様に、紅茶を添えて。

主婦という肩書が嫌い

倉敷意匠計画室マスキングテープ~merci present

*****

私は、30代既婚女性、子供がいて、フルタイムではなく
時短で働いています。

家事は好きではありません。
育児に関しては真剣に向き合って行き詰ったので、
ほどほどにやっています。

これを世間的にイメージしやすいようにキーワード化したものが
旧ブログのタイトル、
パート派遣主婦のぐーたら子育て生活
だったのです。

今は、派遣社員業は、お休み中。アルバイト勤務。

でも、実は、私、自分を「主婦」、とくに「パート主婦」と
呼ぶことに、非常に違和感を感じるんです。
実は、かなりイヤ。

だって、だっさいじゃん。所帯じみて聞こえるじゃん。
あきらめてる感じするじゃん。

すいません、批判じゃないんですよ。言葉の好みの問題で。

客観的に見ると、私は紛れもない「子持ちパート主婦」
なんですけど、心の中では断固、拒否。

まあ、ただの自意識過剰って話?

甥・姪もいて、立派に「おばさん」でもあるわけです。
人からおばさんって言われるのは、諦めるとして
自分をおばさん扱いしたくない。うん。

*****

これは、物理学系の大学生だったころ、
「女子大生」という言葉に違和感を感じ、

(大学生で女子だけど、そんな華やかなもんじゃない・・・)

LSI設計をしてたころ、
「OL」という言葉に違和感を感じてきたことに通じます。

(企業で働く女性会社員だけど、お茶くみしてないし、
 なんか違う気がする・・・)

自分をカテゴライズする言葉のイメージと、
自分の現実の状態の違いに、何かが違う、と
脳みそが感じるわけなのです。

*****

で、私は、自分の中での「主婦」というイメージがあり
それと自分の像が一致していないので、
自分を「主婦」と呼ぶことに、抵抗があるんですね。

人によって、「主婦」に抱くイメージは違うと思いますけど。

でも、旧ブログを読むと、肩書から、はみ出たような
記事だらけだし。

ということで、一年間ブログを書くときに感じ続けた
違和感から脱出するため、
旧ブログから、移転した時に
「主婦」「パート」という言葉を自分のブログタイトルから
排除するとこにしました。

くだらない自意識ではありますが、
私は、自分の感情が一番大切なのです。

じゃあ、あんた何者?って話になるんですけどね。

30代、女性、既婚、育児中、そこそこ働く『かこ』ってことで
よろしくお願いします。

だから何?って感じだけど、この感情を分かってくれる人も
いるんじゃないかなぁ?

♪ こちらもどうぞ ♪

知りたい、という気持ちがあれば、それだけでいい... その人と仲良くなりたかったらその人をまるごとそのまま見たらいい。知りたいという気持ちがあれば、それだけでいい。知りたいと思う気持ちは、好意だ。好意がもてないのに適当に「解決策を提示」し「教え諭して」やろうと思うのは単にその人を踏み台にして優...
盗品博物館 とても素敵な博物館があるの、大人気なのよ、と知人が教えてくれた。 連れられて行ってみると、本当にうっとりするような展示物ばかり。たくさんのため息まじりの歓声が聞こえてくる。なんて素敵なの!これはどちらで買えるのかしら? 鑑賞していて気づ...
いまだにかゆいんだってば! 庭のつる草にかぶれ、セレスタミンという ステロイド入りの抗アレルギー剤を飲んで3日、 薬のない状態で2日過ごし、 顔の腫れと、痒みは、ほぼなくなりました。 しかし、手の甲から、ひじにかけて、 ものすごくかゆい。 セレスタミンを飲んでいる...
人は、見つめている方へ、向かって行く... スキーを滑るとき、木にぶつからないようにするには どうしたらいいか知ってるかい? 木を見ないで、進みたい方を見ていればいいんだよ。 ぶつかる、そっちに行くと危ないって思った時は、 行きたくない場所を見るのではなくて、行きたい ところだけ...
自己最低体重記録更新・再 一週間ほど前、過去20年間での自己最低体重を更新し 46.3kgになったという記事を書いたばかりですが さっき、体重計を見て、びっくりしました。 45.6kg。 なんだ、この数字。 ちょっと、私、まずいかもしれない。 今日、記事4個も...

♪ Pick up items ♪ スポンサーリンク

コメント

  • ふふふ
    よ~くわかるよ
    私も主婦って思ってない
    主婦みただけど笑

  • はーい、ここにもいますよー>感情わかる人

    ファン部のタイトルからして、かこちゃんは
    パート主婦である自分を肯定できてるのかな?と思いきや
    やっぱズレがあったのねー

    私も「パート」だけはどうしても違和感ある(--;

    りょうちゃんは「ピアノの先生」っていう立派な自営業じゃないw

  • そうねー。「パート派遣」は許せても、「パート」はちょっと笑。
    うちの勤務先では、学生も主婦も、みんな「バイトさん」って扱いですね。
    自分をパートって呼んでる人はいないなぁ。

    思いのほか、「主婦」という呼ばれ方にも
    しっくりきてない既婚女性は、多いのかもねぇ。

    なんて書いてると、もっと主婦業に誇りをもって
    ちゃんとやりなさいって、どこからかお叱りを受けそうですが。

  • ブログを始めたとき、扶養控除の話は、絶対に書きたかったのね。
    103万、130万の扶養枠の壁のこと。

    それから、私を育児の闇から救ってくれた
    「パートタイム派遣」っていう働き方、
    シェアワークっていう勤務形態についても。

    だから、ブログタイトルにいれたのね。

    でも、それについては、もう書き終わっちゃったし、
    派遣業復帰も、今のところは、なさそうだからねぇ。
    在宅勤務はあるかもしれないけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です