音と紅茶の時間

音楽と恋の話、想い出話、今の心模様に、紅茶を添えて。

優しい雨

恋のはじまりは、何気ない日々のすきまに、
落っこちていたりします。

恋をすると、嬉しいのに淋しくなるのはなぜでしょう。

激しくせつない気持ちを包み込んでくれる雨が、
優しく降ってくれたら、いいのに。

この雨が降る間は、この気持ちをそっと隠しておけるような気がする。

そんな隠しきれない想いが見え隠れする、優しく淋しく少し激しい、恋の歌。

*****

キョンキョンなんて、呼ばれていた時代もあったっけ。
1993年のTBS系ドラマ「愛するということ」の主題歌。

今日子さんの歌った、「優しい雨」も素敵でしたが、
今回は、作曲した鈴木祥子さんの歌う曲の方をご紹介します。

そういえば、祥子さん、「鈴木しょうこ」に改名したんですよね。
先月。

◆Youtube(音が出ます)
優しい雨~鈴木祥子

◆歌詞
優しい雨

作詞:小泉今日子 作曲:鈴木祥子

  ~運命だなんて口にするのなら
   抱きしめて連れ去ってよ
   私のすべてに目を反らさないで~

◆最新音楽ニュース ナタリー
鈴木祥子が「鈴木しょうこ」に表記変更

♪ こちらもどうぞ ♪

いま わたしがほしいのは 何も見てない目... もう、何も考えたくない。ずっと眠っていたい。 そんな私の頭に、ふと浮かんだこのフレーズ。   ”いま わたしがほしいのは    何も 見てない目    何も 聞いていない耳    おしだまる口だ      ” なんだったっけ?と検索し...
この愛を  ~ふたりはとても似ていたので   恋することはかんたんでした。~ この言葉ではじまる、鈴木祥子さんの『この愛を』。 私、この歌の出だしが、大好きなんです。 ***** 恋に落ちるのに必要な時間は、ほんの少し。 恋をして、夢みる日々...
風に折れない花   ”心の霧が晴れてく” 恋をすると、心がちりちりしたりするけれど、 淋しさで、ぎゅーっと痛くなってしまったりするけれど、 こんな優しくやわらかい気持ちで、 人を好きになれたらいいな、と思います。 近くにいるとあたたかくなれる。 そばに...
10% 古内東子 恋をしている人は、心が揺れ動いて、素敵だから、 その人に恋をしても不思議じゃない。 何でも本音も話してくれて、一番近くにいるようで その人にとって、自分は大切な存在なんだけれど 一番の存在には、けしてなれなくて、 その心を独り占めしたいと...
プリヴェ 自分らしさ、とか。 そんなの、よく分かってなかったりするけど 誰かと真剣に向き合って、言葉を交わすことで 見えてくる自分、ってのがある。 恋をするなら、あなた色に染まる恋愛じゃなくって 自分が自分でいられる恋がしたい。 なんて、想いな...

♪ Pick up items ♪ スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です