音と紅茶の時間

音楽と恋の話、想い出話、今の心模様に、紅茶を添えて。

いま わたしがほしいのは 何も見てない目

もう、何も考えたくない。ずっと眠っていたい。

そんな私の頭に、ふと浮かんだこのフレーズ。

  ”いま わたしがほしいのは
   何も 見てない目
   何も 聞いていない耳
   おしだまる口だ      ”

なんだったっけ?と検索してみた。

ああ、そうだ。

合唱曲「わたしの願い」の「いまわたしがほしいのは」だ。

この歌は、作詞:高野喜久雄先生、作曲:高田三郎先生。

「雲雀にかわれ」と対になっている。

10数年前歌った時、私は、

  ”水よ きれいな水が 流れているのよ”

という、病院のベッドの上のかけがえのない、
美しく狂った友の言葉である、ソプラノソロをいただいた。

けれど当時は、メロディーと歌詞を追って歌うのが精いっぱいで、
この歌全体を私は全然理解できていなかったのだと、
今、改めて詩を読んで、歌を聴いて思った。

一つの歌の中で、曲調が何度も変わる。

哀しく諦めたかのようなメロディーライン、
憤りと怒りに満ちたフォルティッシモ、
優しく美しく穏やかなフレーズに、
明るく天に昇っていくような壮大な終末。

それは、次の雲雀に引き継がれる。

  ”あなたがこがれたものの凡て”

何故かと問うことをせず、『あなた』と同じように
『わたし』はとなえてみる。

「雲雀!」と。凡てのものは、雲雀にかわれと。

そして、『わたし』がほしいのは。

  ”あなたがほしがった ものの凡てを
   そっくりそのまま わたしもほしい
   ほしがりながら わたしも生きると”

すべてを受け入れ美しく正しく狂った『あなた』を見つめる。
『あなた』への憧れ、哀しみ、狂わずに生きる『わたし』の決意。

空に高く、手を伸ばしたくなった。

日本合唱曲全集::ひたすらな道 高田三郎 作品集 2 [ 高田三郎 ]
(楽天ブックス 視聴できます)

◆Youtube(音が出ます)
 『いま わたしがほしいのは』 
 『雲雀にかわれ
 混声合唱組曲「わたしの願い」より

 ~山形大学混声合唱団第55回定期演奏会OBステージ

♪ こちらもどうぞ ♪

優しい雨 恋のはじまりは、何気ない日々のすきまに、 落っこちていたりします。 恋をすると、嬉しいのに淋しくなるのはなぜでしょう。 激しくせつない気持ちを包み込んでくれる雨が、 優しく降ってくれたら、いいのに。 この雨が降る間は、この気持ちをそっ...
さくらの花の咲くころに スワロフスキー桜携帯ストラップ~Keitaiya24 ***** 2月になって、まだまだ寒い日もこれからあると思うけれど なんだか、もうすぐ春が来るような気分です。 春が来る前には、今まで出会った人たちのことを思い出します。 今何...
プリヴェ 自分らしさ、とか。 そんなの、よく分かってなかったりするけど 誰かと真剣に向き合って、言葉を交わすことで 見えてくる自分、ってのがある。 恋をするなら、あなた色に染まる恋愛じゃなくって 自分が自分でいられる恋がしたい。 なんて、想いな...
Porcelain 先日、ポーセリンについて友人と話をしていたのですが そのとき、ん?と心にひっかかるものが。 思い出しました。 ジュリア・フォーダムの『ポーセリン』。  ~あなたは、私の肌を磁器のように扱う   あなたのキスは、私を狂わせるのに十分なの~...
Swallow ~ 鈴木祥子 となりにあなたがいるのに淋しい。 優しいメロディーラインとアコギの音。 少し淋しい気分のとき、いつも心に浮かぶ大好きな曲なんですけど、 いったいこの二人には、何があったんだろうな、と 歌詞を読むたびに考えてしまうのです。 家に一人で帰...

♪ Pick up items ♪ スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です