音と紅茶の時間TOP恋の歌いま わたしがほしいのは 何も見てない目
2013年04月05日

いま わたしがほしいのは 何も見てない目

もう、何も考えたくない。ずっと眠っていたい。

そんな私の頭に、ふと浮かんだこのフレーズ。

  ”いま わたしがほしいのは
   何も 見てない目
   何も 聞いていない耳
   おしだまる口だ      ”

なんだったっけ?と検索してみた。

ああ、そうだ。

合唱曲「わたしの願い」の「いまわたしがほしいのは」だ。

この歌は、作詞:高野喜久雄先生、作曲:高田三郎先生。

「雲雀にかわれ」と対になっている。

10数年前歌った時、私は、

  ”水よ きれいな水が 流れているのよ”

という、病院のベッドの上のかけがえのない、
美しく狂った友の言葉である、ソプラノソロをいただいた。

けれど当時は、メロディーと歌詞を追って歌うのが精いっぱいで、
この歌全体を私は全然理解できていなかったのだと、
今、改めて詩を読んで、歌を聴いて思った。

一つの歌の中で、曲調が何度も変わる。

哀しく諦めたかのようなメロディーライン、
憤りと怒りに満ちたフォルティッシモ、
優しく美しく穏やかなフレーズに、
明るく天に昇っていくような壮大な終末。

それは、次の雲雀に引き継がれる。

  ”あなたがこがれたものの凡て”

何故かと問うことをせず、『あなた』と同じように
『わたし』はとなえてみる。

「雲雀!」と。凡てのものは、雲雀にかわれと。

そして、『わたし』がほしいのは。

  ”あなたがほしがった ものの凡てを
   そっくりそのまま わたしもほしい
   ほしがりながら わたしも生きると”

すべてを受け入れ美しく正しく狂った『あなた』を見つめる。
『あなた』への憧れ、哀しみ、狂わずに生きる『わたし』の決意。

空に高く、手を伸ばしたくなった。


日本合唱曲全集::ひたすらな道 高田三郎 作品集 2 [ 高田三郎 ]
(楽天ブックス 視聴できます)

◆Youtube(音が出ます)
 『いま わたしがほしいのは』 
 『雲雀にかわれ
 混声合唱組曲「わたしの願い」より

 〜山形大学混声合唱団第55回定期演奏会OBステージ

タグ:雲雀 合唱
posted by かこ at 10:01 | Comment(0) | 恋の歌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。