音と紅茶の時間

音楽と恋の話、想い出話、今の心模様に、紅茶を添えて。

めんこい

アンティーク風 水玉プリント~生地の森

*****

10代の終わりころに付き合っていた人。
6つ年上だった人。

会うたびに、目を細めて、
「めんこいなぁ」って、私に言った。

頭を撫でられて、いつも子ども扱いされていると
私はむくれたものだけれど。

そして、彼の故郷で、いつまでも手元にいてほしいという
彼の元から飛び出してしまった私だけれど。

別れ話をしながら、わんわん泣く私の涙を
彼は指でそっとぬぐって、
「泣くなよぉ、泣きたいのはこっちだぞ」
と、困った顔で言ったっけ。

彼のまなざしは、いつも優しく、あたたかかったなぁ。

あんな風に、「大好き」「かわいい」「いとしい」の
気持ちがつまった目で、見つめられてみたいなぁ、なんて、
ふと、急に、思ってしまった。

こんな寒い日に。

♪ こちらもどうぞ ♪

ミッキーマウスな彼~2/4 3.神戸の志望校と震災 センター試験を受ける前、私は神戸の大学を受験すると 心に決めていた。 地球物理学科のある大学。 そして、パンとお菓子のおいしい神戸の街で、 素敵な女学生になる。 かなり不純な動機だったが、私は本気だった。 そ...
ミッキーマウスな彼~1/4 ミッキーマウスを見るたびに、いまだに思い出す。 ミッキーのTシャツに、ミッキーの腕時計を愛用していた、 予備校時代から大学にかけて付き合っていた、元彼氏のことを。 1.頬を唐突につかむ 彼を初めて認識したのは、予備校で後期になって ...
ミッキーマウスな彼~3/4 6.大学進学 7割が男子の理系の大学。 私は、すぐにたくさんの男の子達から声を掛けられた。 クラスメイトや、サークル関係、 バンド仲間、ジャズバーで知り合った人たち。 ミッキーな彼は、京都から岡山へやってきては 大学の講義室にまで乗り込...
ミッキーマウスな彼~4/4 9.自殺未遂? 別れを告げた帰り道、彼は、私の目の前で 新幹線のホームに跳び下りようとした。 私は、彼が死なないように、別れないから、と言った。 すると、彼は、大勢の目の前で、 泣きながら私を強く抱きしめ、長いキスをして 新幹線に乗り込ん...
忘れられない男 私が、今まで生きてきた中で、 一番魅かれた人を一人あげるなら それはもう、間違いなくフジモトさん(仮名)だ。 フジモトさんは、大学の同じ学科の先輩で、 私が入学した時は、すでに留年2回目だったのかな? フジモトさんはとても私の好みの声を...

♪ Pick up items ♪ スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です