音と紅茶の時間

音楽と恋の話、想い出話、今の心模様に、紅茶を添えて。

ミッキーマウスな彼~4/4

9.自殺未遂?

別れを告げた帰り道、彼は、私の目の前で
新幹線のホームに跳び下りようとした。
私は、彼が死なないように、別れないから、と言った。
すると、彼は、大勢の目の前で、
泣きながら私を強く抱きしめ、長いキスをして
新幹線に乗り込んで、帰って行った。

勘弁してほしい。
ホームに取り残された私は、そそくさとその場を離れた。

すぐその後の夜、彼から電話があった。

・・・く、苦しい、今、・・・手首を切ったから・・・、
と切れ切れに声が聴こえる。

手首を切ったくらいで、死ねるわけがない、
そうは思いながら、かなり心配だった。

大丈夫?今、救急車をそこの住所に呼んであげるから。
実家に連絡しようか?
私のために、お願い、そんなことしないで、と
赤ちゃんに話しかけるような声で、私は話しかけ続けた。

大丈夫・・・止血したから・・・
 ・・・救急車は呼ばなくていい・・・

そう?ちゃんと止血してね。手首、もう切らないでね、
お願い、と、優しい声を作って、電話を切る。

実家に連絡する?・・・実家の電話番号すら、分からない。
私は、彼のことを何も知らなかった。

私は、予備校時代の頭の切れる女友達に久しぶりに電話をした。

こういうことがあって、別れようとしたら
自殺するって脅かされて、今、手首を切ったとか言ってて・・・。

分かった。実家には念のため連絡しておく。別れていいよ。
彼女は、そう言ってくれた。
彼女も、彼の危ういところはよく知っていたから。

私は、少しだけ、安心した。

10.無言電話と別のストーカー

それから、毎晩のように、無言電話がかかってくるようになった。
無言、だけど、すすり泣く声が、ずっと聞こえてくるのだ。

すぐ切っても、またかかってくる。
仕方なく、受話器をあげたまま、放置した。

大学の女友達の中には、そんなに思われているのに
別れるなんて、ひどすぎる、と怒る子もいた。

それはそうかもしれないけど、でも・・・
私の気持ちを殺して、彼と付き合い続けなさいってこと?
それは、どうしてもできない、と思った。

合い鍵は渡してはいなかったけれど、
頭の切れる彼のこと、知らない間に合い鍵を
作られてしまっているかもしれない。
ひょっとしたら、盗聴器も仕掛けられているかも。

私は、帰宅すると、ベッドの下や、ベランダ、
クロゼット、家中の扉を開けて、真剣に誰もいないことを
確認するようになった。

***

その頃、私は、大学内の「ぷよ」と呼ばれる
有名な別のストーカーにも付きまとわれて、ほとほと困っていた。

教授と一緒にたまたま食事をした。
その後、笑顔で挨拶をした。普通に会話した。
それだけで、その年度のターゲットになってしまったのだ。

毎朝のように、通学中に、授業の移動中に
また会いましたね~、と声を掛けられる。

「ぷよ」がまた来てるよ、と友人たちがそっと教えてくれる。
講義室まで、のぞかれるようになった。

私は「ぷよ」の標的だということで
ちょっとした有名人になってしまった。

ヤバい人には、普通に笑顔で挨拶をしない。
私は、そう、心に固く誓った。

***

その二人のストーカーのダブルパンチで
私は、かなりノイローゼ気味だった。
もちろん、離れた親に相談するわけにはいかない。

私は、そのころ一緒によく飲んでいた男友達に相談した。

現金なものだ。私は、その時、その彼に魅かれていた。
声と音感が良くて、お酒に強くて、女好き。
けして、私を独占しようとしないし、
私が、もし捕まえようとしても、するりと逃げてしまう人。

私を大切にしてくれる感じではないけれど、
私を気に入って、ときどき声を掛けて遊んでくれる。
その自由な空気が、嬉しかったのだ。

男友達は、電話でミッキーな彼と話をつけてくれると言った。

すすり泣く声が聴こえる受話器を男友達に渡した。
何やら彼は、静かな怖い声でしばらく話をして電話を切った。

それきり、無言電話がかかってくることはなかった。

***

私は、別のストーカー「ぷよ」には、
迷惑です、近寄らないでくださいと
毎回、はっきりと嫌な顔をし続けることにした。

「ぷよ」は、しばらくして、私から
別の優しく気弱な女の子に、ターゲットを移した。

11.今でも想う

15年以上経った今でも、ミッキーマウスを見るたびに、
彼のことを思いだす。

彼は、ちゃんと生きているだろうか。
自分自身の人生をちゃんと歩めているだろうか、と。

会いたいとは思わない。でも、どうしているかな、と思う。

***

彼は言った。かこのせいで人生が狂った、と。

本当に、そうだったかもしれない。

でも、私はこうも思う。

人生を狂わせたとしたら、それは、彼自身の意思。

彼が愛したのは、私ではなく、
私を愛していると思い込んだ、自分自身だったじゃないのかな、
って。

だって、彼は、私のことをちっとも理解していなかった。
私が何が好きで、何が嫌いか、
私がどうやって生きていきたいか。

高校も違って、共通の友人もほとんどいなかったから
今、彼がどうしているかなんて、私には知る術はない。
絶対、ではないけれど。

ミッキーを見るたびに、私は、祈るような気持ちになる。
私と一緒では、幸せになれなかったけれど。

だって、私は、確かに、彼のことがとても好きだったんだもん。
若い日の気の迷いや勘違いは、混じっていたかもしれないけれど。

どうか、どこかで、しぶとく元気で暮らしていてほしい。
私の手の届かないところで、
自分自身の力で、生きていてほしい。

今でも、なお、ずっと願っています。
どうか、幸せになっていてください、と。

♪ こちらもどうぞ ♪

忘れられない男 私が、今まで生きてきた中で、 一番魅かれた人を一人あげるなら それはもう、間違いなくフジモトさん(仮名)だ。 フジモトさんは、大学の同じ学科の先輩で、 私が入学した時は、すでに留年2回目だったのかな? フジモトさんはとても私の好みの声を...
ミッキーマウスな彼~目次 1/4   1.頬を唐突につかむ     2.成績優秀者集団 2/4    3.神戸の志望校と震災      4.私大合格      5.雪道の告白 3/4   6.大学進学     7.留学と決断     8.別れを告げる   ...
ミッキーマウスな彼~2/4 3.神戸の志望校と震災 センター試験を受ける前、私は神戸の大学を受験すると 心に決めていた。 地球物理学科のある大学。 そして、パンとお菓子のおいしい神戸の街で、 素敵な女学生になる。 かなり不純な動機だったが、私は本気だった。 そ...
めんこい アンティーク風 水玉プリント~生地の森 ***** 10代の終わりころに付き合っていた人。 6つ年上だった人。 会うたびに、目を細めて、 「めんこいなぁ」って、私に言った。 頭を撫でられて、いつも子ども扱いされていると 私はむく...
ミッキーマウスな彼~3/4 6.大学進学 7割が男子の理系の大学。 私は、すぐにたくさんの男の子達から声を掛けられた。 クラスメイトや、サークル関係、 バンド仲間、ジャズバーで知り合った人たち。 ミッキーな彼は、京都から岡山へやってきては 大学の講義室にまで乗り込...

♪ Pick up items ♪ スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です