音と紅茶の時間TOP恋のキオクミッキーマウスな彼〜1/4
2012年07月18日

ミッキーマウスな彼〜1/4

ミッキーマウスを見るたびに、いまだに思い出す。

ミッキーのTシャツに、ミッキーの腕時計を愛用していた、
予備校時代から大学にかけて付き合っていた、元彼氏のことを。


1.頬を唐突につかむ

彼を初めて認識したのは、予備校で後期になって
北大理系コースから、東大・京大理系コースに変更して
まもなくの頃。

予備校の階段で、すれ違いざま、彼が私の頬を
いきなりつまんだのだ。

あ、やっぱり柔らかいって、ホントだったんだー♪と。

やっぱり、って何?と思いながら、
私は、高校時代も親しい友人たちに
かこのほっぺって柔らか〜い、と、ひっぱり伸ばしながら
言われ続けてきたことを思い出した。

それから、別れたばかりの彼も、
よく嬉しそうに、私の頬をつまんでいたことを思いだす。

その年上の彼には、かこには、いつでも自分の手の届く、
地元札幌の大学に進学してほしいと言われ続けていた。

自分の人生を自分以外の人に決められるなんて
真っ平御免。そう思って別れたのだけれど。


2.成績優秀者集団

通りすがりに、いきなり頬をつまむ、という戦法で、
見事、私に自分を印象付けた彼は、
その後も、何かにつけて話しかけてきた。

階段で、自習室で、廊下で。他の予備校の短期集中講座でも。

そして、私は、彼が同じクラスにいることに、ようやく気づいた。

人懐っこい笑顔、でも、メガネをかけた白い神経質そうな顔と声。
たまにミッキーマウスのTシャツを着ていて
ミッキーの腕時計を常にはめていることにも。

彼の友人集団も面白かった。
二浪、三浪で、東大、京大をめざすグループ。
知名度の高い、中高一貫の男子進学校出身の男の子たち。
それから、頭のとてもよく切れる女の子。

この人たちは、面白いけど、ヤバい、と思った。
人間的に、どこか欠落して、歪んでいる。

しかも、私は実は、飛びぬけた才能を持っている
性格の歪んだ人間にとても弱いのだ。今も昔も。

さらに、そのグループには、一人だけ、
とても心優しい、私と同じ高校出身の女の子がいた。
ミッキーな彼の、彼女だった。


posted by かこ at 18:26 | Comment(0) | 恋のキオク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。