音と紅茶の時間TOP恋のキオク忘れられない男
2012年09月05日

忘れられない男

私が、今まで生きてきた中で、
一番魅かれた人を一人あげるなら
それはもう、間違いなくフジモトさん(仮名)だ。

フジモトさんは、大学の同じ学科の先輩で、
私が入学した時は、すでに留年2回目だったのかな?

フジモトさんはとても私の好みの声を持っている
音楽的センスの良い、合唱部員だった。

私は、高校時代の合唱部の人間関係で疲れ果てていたので
大学では、合唱部には入るまい、と心に決めていた。

そこで、私は違うアカペラサークルに入ったのだが、
大学の合唱部の人達とも気が合ったので、
ときどき歌いに行ったりもしていた。いわゆる幽霊部員。

フジモトさんも、私のアカペラサークルを面白がって
ときどき歌いに来たりした。

すごく好きだったなぁ、フジモトさんと歌うの。

*****

サークルで会うとき以外は、
ほとんどシラフで話していた記憶がない。

当時は、ポケベルを持っている子もいたけど
携帯電話なんてものは無かったので、
基本的に家の電話で呼び出されるか、
ばったり学内で会った時に、今日夕方飲まん?って誘われるか
仲間内で飲んでるときに、いつのまにか、
誰かが呼び出したり、呼び出されたり。

行きつけのジャズバーは、彼のアパートの割と近くにあったので
お酒を飲んでは、会いたくなって公衆電話で呼び出してみたり、
帰りがけに、うろうろ通りかかってみたり。

まあ、タイミングが合わなくて、会えないことも多かったけど。

仲間と飲んでるうちに、まあ、家で二人でのんびり飲もうや
と言う話になって、抜け出して、お互いのアパートでだらだら
朝まで飲んでることは、よくあった。

男女二人で飲んでて、何もないってことは、もちろんなく。

古くかわいらしい言葉で言えば、友達以上、恋人未満って関係だった。
まあ、ただ、お互いに気に入っている飲み仲間ってやつだったかも。

周りからみたら、私は、あきらかにフジモトさんの女、
に見えていたような気はするけど。

ああ、そうだ、フジモトさんは、私の脚がきれいで好きだと
よく褒めてくれたっけ。

*****

フジモトさんとは、付き合おうと言われたこともないし
付き合って、と言ってみたこともない。

だって、いつも他の女の影が見え隠れするんだよね。
そんな相手に本気になったら、逃げられるだけ、
と、思っていた。

まったく、飲んだくれの、声のいい、たぶん女にだらしない
ろくでもない男だった。

私にも、ちょくちょく男がいたりしたので、まあ、人のことは言えない。

ときどき、すごく踏み込んで捕まえてみたい、と思ったことは
あったけれど、その度に、フジモトさんはするりとかわして
しばらく会えなくなった。

それは、フジモトさんが、計算でやってたのか
たまたまタイミングがそうだったのか、今でも分からないけど。

この会いたくても、次はいつ会えるか分からないってとこも
私を強く惹きつける一因になっていた。

*****

フジモトさんの留年仲間が、飲みながら教えてくれた。

私と会う前のフジモトさんは、すごく真面目で
大切に付き合ってる彼女がいたのだと。

そして、彼女は妊娠してしまい、中絶。
彼女の親は激怒し、実家に連れ帰ってしまった。

中絶費用を払うため、バイトを増やし、そのあげく留年。
留年分の学費を払うため、バイトしてたら、また留年。
飲んでるうちに、留年。

フジモトさんは、とても彼女のことを大切にしていた。
彼女がいなくなってから、女に本気で惚れている姿を
見たことはない、と。

私は、いろいろ納得して、私に本気で惚れてくれればいいのに
って思う気持ちを口に出すのは、やめることにした。

だって、逃げられるくらいなら、気楽なお気に入りの飲み仲間で、
たまに、となりに置いて、かわいがってくれる方が、
よかったから。

じっさい、私に付き合っている人がいるときの方が
飲みに誘われることが多かったので、
ホント、お互い、都合のいい相手だったんだろうな。

私は、呼び出すと、必ず出てくる、本気にならない飲み相手。

ちゃんとしたキスなんて、ほとんどした覚えがない。

*****

私が大学在学中、フジモトさんに彼女がいるって話は
結局、聞いたことがなかった。

そして、私が4年で大学を卒業するとき、フジモトさんは8年目で
あと一単位をとれば卒業できるのに、その試験をブッチした。
で、結局、中退扱い。

まったく、もう。

くれっていうから、過去問題を手に入れて、解答を作って
持って行ってやったっていうのに。

*****

私は、大学を卒業して、遠くに就職してからも、
ちょくちょく、フジモトさんの夢を見た。

呼び出されて、二人でだらだら飲んで、
抱かれて、すごく嬉しくなってしまう夢。

目が覚めると、あーあ、また見ちゃったよって
切ない気持ちになる。

これは、気持ちをぶつけてみなかったから、なんだろうなぁ、と。

*****

卒業したあと、数年経って、
大学の合唱部の記念演奏会に歌いに行った。

目的は、切ない夢と、決着をつけるため。
そして、ただ、フジモトさんに会ってみたかった。

フジモトさんには、公認の彼女ができていた。
丸顔で、すごく素直そうな、可愛らしい平凡な女の子。

ああ、ちゃんと、女と向き合う気になったのね。
と、しみじみ感慨深い気持ちになった。

そして演奏会の後の打ち上げで飲み、その後、私たちは
こっそり二人で抜け出し、やはり朝までだらだら飲んだ。

  私たち、付き合ってたって言えるのかなー?

  付き合ってたんじゃないの?
 
  私のこと、気に入ってたでしょ?好きだった?

  うん、好きだったよ。

そんな、マヌケな会話を交わし、
まあ、酒の雰囲気に飲まれた社交辞令だったのかもしれないけど
そんな言葉をもらって、私は、気が済んだのだ。

そして、朝になって、フジモトさんの携帯に彼女からの留守電と、
着信がたくさん入ってたって話を聞いて、私はかなり満足した。

この後、言い訳大変ね、がんばってねー、なんて笑った。

まったくヒドイ話。

*****

それきり、フジモトさんの夢は、あまり見なくて済むようになった。
たまーにみて、あちゃーって思っちゃうけど、
落ち込むことはなくなり、ちょっと甘い気持ちになる。

でも最近は、夢、すっかり見なくなったな。

OB会からの情報を見ると、今でも彼は大学近くにいて、歌い続けている。
そして、まだ、結婚はしていないらしい。

もう、私が会いたいと思わなければ、一生会うことのない人だけど
会えない相手ではなかったりする。
会ったら、きっとまた、うっかりだらだら朝まで飲んでしまう。

まあ、もういいんです。済んだ話。

済んだ話だけど。
やっぱり今でも、心のどこかで魅かれている気持ちは残っている。

つかみどころのない、飲んだくれの、女にだらしない
とてもいい声を持つ、私の心をときどき強く捕まえた、
心の片隅で今でも好きな、いいかげんな男。

タグ: 飲み
posted by かこ at 11:07 | Comment(0) | 恋のキオク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。